1. まとめトップ

外国ではマナー違反?! 日本人が普段やりがちな行動

普段当たり前にしているあなたの行動、海外に行ったら非常識かも?そんな行動の中から特に一般的なものを紹介。

更新日: 2012年08月30日

30 お気に入り 12150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gkt1DM0nさん

海外でのマナー

鼻をすする

欧米人は一般的に鼻をすする音がすごく不快に感じます。周りの人があなたを見てしかめっ面していたら鼻をすすっているのが原因かもしれません。隣でタバコを吸われるくらい嫌われます。すするぐらいなら思いっきりかんでしまいましょう!

パスタをすする

ほとんどの方は大丈夫だとは思いますが念のため。鼻をすするのとまったく同様の理由です。

人前で化粧

日本でも人によっては嫌いますが、海外では娼婦とみなされることがあるようです。
それ以前に軽蔑の眼差しを向けられることを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

人前で靴を脱ぐ

パンツ一枚で人前に出るぐらいはしたないことだという意見もあります。
国籍関係なく近くで脱いだ足を向けられたらいい気分はしませんよね。

ところかまわず写真撮影

海外では著作権の意識が高い国もあるのでショーウィンドウを写しただけで怒られることもあります。
高級レストランでの撮影はマナー違反という意見もありますので雰囲気をみて大丈夫そうだと思ったらさっと済ませましょう。
宗教によっては他人を撮影すると大問題になることもあるので事前に調べておくと安心です。お金を請求されることも?

子供の頭をなでる

アジアの一部の地域では子供の頭は神聖なものなので他人が触ると汚されるとされており、トラブルになる可能性があります。いくら可愛くても頭をなでるのは避けたほうがよいでしょう。

話してる最中に目を合わせない

目を合わせることは相手に興味があり、ちゃんと話を聞いているという合図になります。恥ずかしくて相手の目がしっかり見れなくても、頑張って見ないと失礼にあたりますので、現地の人が気分を害して話してもらえなくなるかもしれません。
頑張りすぎてまばたきを忘れないように気をつけてくださいね。

口元を隠す

驚いたときや食べている最中にやむを得ずであれば大丈夫ですが、普通に話しているときや笑っているときなど無意味に口元を隠すと後ろめたさや隠し事をしていると捉えられる可能性があります。目を合わせないのと同様に好まれる仕草ではありませんので癖でも控えたほうが良いでしょう。

ラフすぎる格好

防犯対策として目立たない服装を薦めているケースがありますが、そもそも外国人というだけで十分目立っています。露出や派手さが極端でなければ問題ないでしょう。
逆にラフな格好でホテルのロビーやレストランに来られるとその場の空気が乱れるのでスタッフに煙たがられる可能性があります。
センスが無い国別旅行者ランキングなんて作ってるぐらいの業界ですからあなたの服のセンスはしっかりチェックされてますよ。

追い越し車線を無駄に走る

特にヨーロッパで運転する機会があれば高速だけでなく市街地でも追い越し車線はなるべく走らずより早い車に道を空けておくことが求められます。日本よりも厳粛な運転マナーによって渋滞を起こさないよう最大限道路を有効活用しているのです。

まとめ

郷に入れば郷に従えということで、頑固にならずに訪問国での振る舞いを少し意識するだけで現地人だけでなくあなたも気分よく旅行を楽しめることでしょう。

予習が終わったあとはさっそく旅行の計画を立てましょう!

お勧めサイト

1