1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【名作&珍作】「外国人から見た日本」が分かる映画【&超駄作】

「変な日本像」は昔の作品が多いので、今は当時ほど酷くはないことを祈るばかりです。どこまでマジでやってたんでしょうか?惜しいことに、今では入手もレンタルもしづらいクソ駄さk…もといレアな作品もあります。  ※過不足なくやるとキリがないので、あえて入れてない作品もあります。(特に戦争モノ)

更新日: 2016年05月28日

192 お気に入り 141785 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

空中庭園さん

ブラック・レイン

監督:リドリー・スコット
出演:
マイケル・ダグラス
高倉健
アンディ・ガルシア
松田優作
ケイト・キャプショー
若山富三郎
内田裕也
國村隼
安岡力也
神山繁
小野みゆき
島木譲二

あらすじ&みどころ

レストランで偶然にヤクザの殺人に出くわしたニック(ダグラス)とチャーリー(ガルシア)両刑事は、その犯人佐藤(松田)を日本に護送するが、大阪空港で逃げられてしまう。府警の松本(高倉)の監視下、警官としての権限の無いまま捜査を見守る彼らだったが、佐藤はそれを嘲笑うかの如く、自ら刺客となって二人の前に現れるのだった。

特筆すべきは、狂気をはらんだ殺し屋の佐藤を演じる松田優作の鬼気迫る演技。惜しくもこの映画が遺作となってしまったが、リドリー・スコットに絶賛されたという彼の圧倒的な存在感は、忘れられない強烈な印象を残す。

007は二度死ぬ

監督:ルイス・ギルバート
出演:
ショーン・コネリー
若林映子
浜美枝
丹波哲郎
ドナルド・プレザンス
バーナード・リー
ロイス・マクスウェル
デスモンド・リュウェリン
カリン・ドール

あらすじ&みどころ

米ソの宇宙ロケットが、次々と行方不明になるという事件が発生した。事件の背後にスペクターの影を見いだした英国情報部は、真相究明のため、ジェームズ・ボンドを日本に派遣する。日本の情報部局長、タナカの助けを得て、ボンドはスペクターの秘密基地に潜入するが……。

ボンドの宿敵、ブロフェルドをD・プレザンスが演じたシリーズ第5作。大掛かりな日本ロケと、宇宙にまで舞台を広げたストーリーのミス・マッチが何ともユニーク。
一部では007の“裏ベスト1”とも言われている。

サヨナラ

監督:ジョシュア・ローガン
出演:
マーロン・ブランド
レッド・バトンズ
ナンシー梅木
高美以子
リカルド・モンタルバン
マーサ・スコット
ジェームズ・ガーナー

「珍しく日本を良心的に描いた映画」として有名な作品。

あらすじ&みどころ

朝鮮戦争での撃墜王ロイド・グルーバー少佐(マーロン・ブランド)は最前線から同僚のケリー(レッド・バトンズ)と共に日本へ転勤となり関西にやってくる。
ある日グルーバーはマイク・ベイリー大尉(ジェームズ・ガーナー)に誘われレビューを観劇に行く。その舞台で一際華やかな松林歌劇の花形スターハナオギ(高美以子)に一目惚れし、同僚ケリーの恋人であるカツミ(ナンシー梅木)の計らいでハナオギと出会う。
ハナオギは戦争で親を亡くしたため、初めは米国人に対しての嫌悪感を露にするが、グルーバーの熱意に徐々に心を開き、やがて恋に落ちる…。

のっけからR・モンタルバン扮する歌舞伎役者ナカムラ(英語を解し、日米の架け橋的存在として登場)の化粧する姿にのけぞってしまうが、他はごくマトモに作られた、恐らくは日本を扱ったハリウッド映画では最も良心的な作品。

レッド・サン

監督:テレンス・ヤング
出演:
アラン・ドロン
チャールズ・ブロンソン
三船敏郎
ウルスラ・アンドレス
キャプシーヌ
中村哲

あらすじ&みどころ

日米修好のために日本から合衆国大統領へ贈られた宝剣が、列車強盗団によって奪われた。生き残った護衛の武士は腹を切り、強盗団の追跡を部下に命ずる……。

アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、三船敏郎という三大スターが、日本刀をめぐって相争う奇想天外な娯楽西部劇。胸踊るキャスティングが、作品にとって物凄い牽引力になるという事がよく判る。

ベスト・キッド

監督:ジョン・G・アヴィルドセン
出演:ラルフ・マッチオ
ノリユキ・パット・モリタ
エリザベス・シュー
ランディ・ヘラー
マーティン・コーヴ
ウィリアム・ザブカ
チャド・マックィーン
トニー・オデル
ロン・トーマス

日系アメリカ人2世のノリユキ・パット・モリタさん演じる「ミヤギ」が特徴的な映画でした。
リメイクにはなぜかジャッキー・チェンとウィル・スミスの息子が…。

あらすじ

ひよわな転校生ダニエルが恋した少女は、カラテの高校チャンピオンが狙っている娘でもあった。ある日不良グループにからまれた彼は、ミヤギと名乗る老人に助けられる。ミヤギは、自分を守るために使うのならカラテを教えよう、と言うが……。

「ロッキー」のJ・G・アヴィルドセン監督が贈る、カラテ少年を主人公にしたスポーツ青春映画。

ミスター・ベースボール

監督:フレッド・スケピシ
出演:トム・セレック
高倉健
高梨亜矢
デニス・ヘイスバート
塩谷俊
アート・ラフルー

現在は不明ですが、当時は「日本人はコツコツバントばっかりする」というイメージがあったようで、そういった描写も見られるそうです。

あらすじ&みどころ

「スリーメン&ベビー」のT・セレックが、我らが健さんと共演したベースボール・ヒューマン・コメディ。

体力的に疲れが見え始めた現役大リーガー、ジャックが日本の中日ドラゴンズにトレードされる。始めのうちはカルチャー・ギャップもなんのそので好調な打率を納めたものの、次第にスランプに陥り始め、大リーグ時代のプライドを捨て切れずに監督の内山(星野監督をイメージしたようなキャラクターが大笑い!)と事あるごとに対立してしまう。しかし日本に来ての唯一の理解者、ヒロ子との愛が彼の辛い日々を忘れさせてくれるのだったが、なんとヒロ子は内山監督の一人娘だった……。

JM

監督:ロバート・ロンゴ
出演:
キアヌ・リーヴス
北野武
ディナ・メイヤー
アイス・T
ドルフ・ラングレン
ヘンリー・ロリンズ
ウド・キア
バルバラ・スコヴァ
シェリー・ミラー
デニス・アキヤマ

あらすじ&みどころ

電子化が極限にまで進んだ近未来。特定の情報を脳に埋めこまれたチップに記憶させる“情報の運び屋”ジョニーは北京である情報を記憶するが、それは全人類の命運を賭けるものだった……。

サイバーパンクの旗手、W・ギブソンが短編『記憶屋ジョニー』を自ら脚色し、アート界出身のR・ロンゴが演出にあたったSFアクション。日本人ヤクザの役として北野武が出演。

******** なにこれ(;´Д`)シリーズ ********

リトルトウキョー殺人課

監督:マーク・L・レスター
出演:
ドルフ・ラングレン
ブランドン・リー
ケイリー=ヒロユキ・タガワ
ティア・カレル
トシロー・オバタ
フィリップ・タン
ロドニー・カゲヤマ

1 2 3 4 5





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1