病院ではなく自宅で死ぬことで、実はあなたの“死後”にかかるお金も大きく変わる。 20年ぐらい前までは自宅で葬儀を行なうケースも多かったが、マンションなど集合住宅に 住む人が増えているため、現在では非常に少なくなっている。 自宅葬の場合、祭壇を飾る部屋の片付け、会葬者の動線確保、隣近所への挨拶など手間ひまが かかる。そんな気遣いや手間をかけるなら、費用はかかっても葬儀専用の斎場を選ぶ方がよい という考えが自宅葬減少の背景にある。葬儀相談員の市川愛氏が語る。 「全国平均の葬儀費用の相場は約200万円となっています。一方で葬儀に費用をかけない『家族葬』 といったスタイルの小さい葬儀も増えてきていますが、それでも、斎場を借りて祭壇を飾って 行なえば、10人規模の家族葬でも80万円ぐらいはかかります」 しかし、自宅で死んだ場合に、その葬儀をそのまま自宅で行なえば、費用をより安く済ますことが でき、残された家族の負担を減らすことができるというのだ。 では、実際にどれぐらい安くなるのか。まず、自宅葬なら斎場の利用料がかからない。

出典【社会】平均200万円の葬儀費用 自宅で葬儀すれば20万円から可能

前へ 次へ