1. まとめトップ

【心に刺さる】SF/ファンタジーの恋愛映画【おすすめ】

SF/ファンタンジ―の世界が好きな方にオススメの恋愛映画をご紹介!泣けるものから、観賞後に何かが胸に残るような素敵な作品ばかりです。厳密にはSF/ファンタジーではなくても、ちょっと不思議で心に染み入る恋愛映画を集めました。ミニシアター系多め。アート寄り、重いテーマの作品が多めです。随時更新中!

更新日: 2013年05月07日

73 お気に入り 77936 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nikuq999さん

SF/ファンタンジ―の世界が好きな方にオススメの心に残る恋愛映画をご紹介!

ルビー・スパークス(2012年)

小説家のカルヴィンは、世間から「天才」と称されてデビューしたのも束の間、今では極度のスランプに陥ってしまい、何も書くことができずにいた。そんなある日、彼は通っている精神科医の勧めで、自分が理想とする女性をヒロインにしたラブストーリーを書き始める。すると、突如その小説のヒロイン「ルビー・スパークス」が現実世界に現れる。これに最初は戸惑うばかりのカルヴィンだったが、自分が書いたとおりになっていく彼女と過ごすうちに、次第に惹かれていってしまう。

【監督】監督 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
【出演】出演者 ポール・ダノ/ゾーイ・カザン

ゾーイ・カザンが脚本・製作総指揮を務め、ヒロインである「ルビー・スパークス」を演じた。また主人公である小説家を演じたポール・ダノも、製作総指揮を務めている。ちなみにカザンとダノは実生活でも長年のカップルである。

「理想通りの恋人が欲しい」誰もが一度は考えると思います。しかし、実際理想通りの恋人が現れても、幸せとは限らないし愛せるとは限らない。前半は割とコミカルで笑えるシーンがありますが、後半はやや重く若干ホラーめいたシーンも...。

パーフェクト・センス Perfect Sence (2011年)

感染すると次第に五感が奪われていく奇病が蔓延する世界で、運命的な出会いを果たした男女の愛情を描くパニックドラマ。感染すると嗅覚を失う原因不明の病がイギリスから欧州各国へと広がり、感染症を研究する専門家のスーザンも何も分からず困惑する。そんなある日、スーザンは、感染症の影響で客足の途絶えたレストランでシェフのマイケルと出会うが、2人もまた病に感染し嗅覚を失ってしまう。そして人々は嗅覚に続き味覚、聴覚と次第に五感を失っていき、世界は荒廃していく…。

【監督】デビッド・マッケンジー
【出演】ユアン・マクレガー/エバ・グリーン/ユエン・ブレムナー

出典http://eiga.com/

謎の奇病"SOS"によって、世界から五感が徐々に失われていくー・・・。
この設定だけでそそられます。一組のカップルを中心に静かに描かれます。
ラストシーン 最悪な状況にも関わらず、何故かとても幸せそうに見えます。

わたしを離さないで Never Let Me Go (2005年)

寄宿学校「ヘールシャム」で学ぶキャシー、ルース、トミーの3人は、小さい頃からずっと一緒に暮らしている。外界と隔絶したこの学校では、保護官と呼ばれる先生の元で子供たちは絵や詩の創作をしていた。18歳になり寄宿学校を出て農場のコテージで共同生活を始めた彼ら。やがてルースとトミーが恋を育むようになり、キャシーは孤立していく。その後、コテージを出て離れ離れになった3人は、逃れられようのない運命に直面する事に…。

【監督】マーク・ロマネク
【出演】キャリー・マリガン/アンドリュー・ガーフィールド/
キーラ・ナイトレイ

出典http://movie.goo.ne.jp/

原作は、カズオ・イシグロによる小説「わたしを離さないで」。
原作の世界を非常に緻密に映像化しています。
淡々と静かに描かれる事で閉塞感が増し、始終胸が締め付けられます。

ぼくのエリ 200歳の少女 Låt den rätte komma in (2008年)

しんしんと雪の降る小さな田舎の町。母親と2人きりで暮らす12歳の孤独な少年、オーウェン。いつも学校でいじめにあっている彼は、夜になると団地の中庭でひとり寂しく過ごしていた。ある日、隣に引っ越してきたばかりの謎めいた裸足の少女アビーと出会う。2人は夜の中庭で言葉を交わすようになり、少しずつうちとけていく。その後、部屋の壁越しにモールス信号で連絡を取り合うまでになる2人だったが、やがてオーウェンはアビーの驚くべき秘密を知ってしまう。折しも、町では残酷な猟奇殺人事件が連続して発生し、住民を恐怖に陥れていた。

【監督】トーマス・アルフレッドソン
【出演】カーレ・ヘーデブラント/リーナ・レアンデション

出典http://www.allcinema.net/

純粋が故にとても残酷で美しい異色ラブストーリーです。どうなるのか気になって、最後まで飽きずに鑑賞出来ます。2011年・にハリウッド版も公開されました。(大人気のクロエ・グレース・モレッツが出演。)それぞれ違った魅力がありますが、個人的にはオリジナル版が好きなので、ご紹介。

去年マリエンバートで L'Année dernière à Marienbad(1961年)

宮殿のような豪華なつくりのホテルで、男が若い女に話しかける。男と女はかつて出会ったことがあるのか、そうでないのか、過去と現在、現実と想像があいまいなまま男のモノローグが始まる。「その庭のなかで、今あなたは、早くも永遠に道に迷い、自分を失いかけていた。静かな夜に、私と二人きりで・・」

【監督】アラン・レネ
【出演】A - デルフィーヌ・セイリグ/X - ジョルジュ・アルベルタッツィ/M - サッシャ・ピトエフ

出典http://www.geocities.co.jp

現在と過去が錯綜する幻想的な物語。構図、美術、ココ・シャネルによる衣装、映像、全てが美しいです。前衛的で非常に難解な映画です。上級者向け。

汚れた血 Mauvais sang(1986年)

あと数年で21世紀を迎えようとしているパリだが、街には格別の変化はなく、ただ地下鉄が真赤に塗られ、彗星が近づいているために夜が恐ろしく暑かった。そして人々は、愛のないセックスによって感染するまだ治療法がみつからない新しい病気「STBO」の蔓延に恐怖を抱いていた。天涯孤独の少年、アレックスは、どこか別の場所で新しい人生を送りたいと思っていたが…。

【監督】レオス・カラックス
【出演】ドニ・ラヴァン/ジュリエット・ビノシュ

出典http://movie.goo.ne.jp

思春期の痛みや孤独を独創的で美しい映像で描いています。
夜間撮影シーンが素晴らしい。

1 2 3