1. まとめトップ

落語でブッダ

〜釈徹宗×笑福亭たま の爆笑仏教講座〜 落語界の風雲児が仏教の世界を爆笑落語でお届け仏教世界のエッセンスをわかりやすく伝える8月29(水)30日(木)放送 [Eテレ] 後11:00〜11:25

更新日: 2012年09月01日

11 お気に入り 6074 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

doyoubiさん

【前編】人間はみな「自分」にとらわれている

前編はいきなり、笑福亭たまの古典落語「寝床」から始まります。『義太夫好きの旦那が自分の技を披露しようと長屋の住人に声をかけるが、みな断って来ようとしない。旦那は義太夫が「得意」と思っているが周りはみな「下手」と知っている…』この話は、維摩経第一幕の構造とそっくり。ここから釈徹宗氏が「人はみな“自分”にとらわれていて、苦しみを生みだしている」というブッダの言葉を紹介します。その後、たまさんが創作ショート落語「三毒(さんどく)」を噺(はな)し、話題は一気に「煩悩といかにつきあうか」という仏教の核心に入っていきます。

NHK「落語とブッダ」。笑福亭たまさんが高座にかけた古典落語「寝床」。それを浄土真宗の僧侶である釈徹宗さんが解説!寝床の話は経典の「維摩経」になぞらえた!そして興福寺の維摩居士の像も登場!

釈徹宗先生が登場した昨夜の「落語でブッダ」、面白かったですね。番組の中で釈先生が解説されていた、苦悩を〈結果〉と考え、その〈原因〉である「自分の都合」を小さくすることで心を穏やかにするという仏教の因果律については、『大阪の神さん仏さん』の〈仏さん編1〉でも詳しく書かれていますよ。

節分は鬼を追い払う。鬼は煩悩。煩悩は自分の都合。

仏教の三毒、克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩で、貪欲(とんよく)・瞋恚(しんい)・愚癡(ぐち)を指し、煩悩を毒に例えたものである...φ(.. )「甘い物は別腹」も貪欲ですねww #etv

まずは己の心の三毒を抜き去るがよい。むさぼる心、怒りの心、愚かなる心。心の中に渦巻く炎を消し去った時、その冷たき地獄より出られるであろう

落語でブッダ(まとめ) matome.naver.jp/odai/213463142…苦しみは結果なのだから苦しみを小さくするためには原因(煩悩)に対処するべき。彼女に逢えない事が苦しみではない、彼女に逢いたい欲望つまり貪欲・瞋恚・愚癡こそが苦悩の根源なのだ。そうは言ってもねえ…、嗚呼逢いたいナア。

【後編】 ブッダの教え「空」って何?

後編は、維摩経第二幕から始まります。維摩居士の病気見舞いのため文殊菩薩がやってきて、問答バトルが繰り広げられます。テーマは大乗仏教の根本原理「空(くう)」。この仏教哲学を伝えるため、釈先生はたまさんに古典落語「書割盗人(江戸落語では『だくだく』)」を依頼します。この落語からブッダの教え「空」の本質へと迫っていきます。さらに、「欲望にとらわれて、苦しみ悩む私たち」へ向けて、とらわれから抜け出すブッダの実践法「止観(しかん)」を、笑福亭たまがショート落語で表現します。閉塞感の強い現代をどのように生きればよいか。番組はいよいよ、ブッ

維摩の「空」の部屋と「書割盗人」の部屋は同じ、かー 自分の欲望にとらわれない、描いただけで満足

自分の欲望にとらわれない生き方「空」の精神。欲望にとらわれなけりゃ悩みや苦しみも減ります。らしいです

止。心と体を静かな状態に保つことで心が暴れるのを整える。観。観は気づくということ。第三者のようにみること。「止観」(落語でブッタより)

・空(くう)=自分の欲望に捕らわれない生き方。そうすれば苦しみが悩みが減る。
・空の境地にたどり着く方法=止観
・止=心の動きを静める。観=心の動きを第三者視点で客観的に見つめる。
・観すると心が暴れなくなる。苦しい時も悲しい時も観することで心が落ち着いてくる

@Tax_110 あたたかいツイート、ありがとうございます。空につきましては、『とらわれない 苦しみと迷いから救われる維摩経』という本に、少々書いております。もしご縁がありましたら、どうぞ。と、さりげなく販促(笑)。

@shakutesshu @Gomaizasa 仏教が合理的実践的な教えであることを再認識させて頂きました。因果、煩悩(三毒)、空(自分の欲望に囚われない)、止観(自分を客観視することで とらわれない精神を養う)を噛み締めております。matome.naver.jp/odai/213463142…

参考:『維摩経』ノート 2004.11.4より

金持といっても金銭に執着していない、学識があるかと学者ぶるのでもない。世間では悪の巣窟だといわれるところでも、そこを避けて通るわけでもない。彼は人間それぞれ生きざまをさらけだしている生活する場にはすべて立ち寄り、そこで人間の正しい生き方を教えているのである。」(中村元:『佛教教典散策』より)といふなにしろ大変な人物である。

落語でブッダ - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213463142…ひとことでまとめると「俺は現象(空)、全ては止観」。自分の欲に囚われず自分を客観視して日々を楽しく暮らそうということだ。願望は愉快往生秋高し

1