1. まとめトップ

【AGA】人はなぜハゲる?ハゲ・薄毛の原因とその対処法まとめ

一説では、髪の毛になんらかの悩みを抱えている日本人が4200万人もいるとか!人はなぜ禿げてしまうのか?ハゲ・薄毛の原因と予防法・対処法をまとめました。

更新日: 2014年07月04日

15 お気に入り 34619 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

joho2さん

髪が薄くなる「脱毛症」の原因と種類

抜け毛が増える原因はいろいろ考えられますが、そのおもな説として「男性ホルモン」「遺伝」「ストレス」「食事・生活習慣」などがあります。

薄毛・抜け毛の原因はいろいろです。もちろん、その症状もさまざまなものがあります。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態をAGAという

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

ちなみに、加齢による脱毛は老人脱毛症と呼ばれます

人間は60歳を超えると、性差にかかわりなく髪の毛を含む体毛が薄くなっていく。これを老人性脱毛症といい、男性型脱毛症と異なり頭部全体(さらには全身)にわたって毛の減少がある。

髪が薄くなるAGAのメカニズム

髪の毛は独自のサイクルで成長し、抜けていきます。これをヘアサイクルといい、成長期、退行期、休止期の3つの時期に分けられます。
正常時のヘアサイクルにおいて髪の毛の成長期は2年~6年で、ここで髪の毛が伸び始めます。成長期に太くしっかりとした毛(硬毛)となり、1ヶ月で約1cm伸びます。
しかし、AGA(エージーエー)における髪の毛の成長期は数ヶ月~1年と短くなります。毛包が十分に成長せず、退行期・休止期に移行してしまうため、うぶ毛のような髪の毛(軟毛)が増えてしまいます。

自分で出来る男性型脱毛症(AGA)対策とは

1、頭皮を清潔な状態に保つこと
2、毛根に十分な栄養を与えること
3、生活習慣・食習慣を変えて健康な体をつくること

この3つが、セルフケアが可能な薄毛対策の基本です。

1、頭皮を清潔な状態に保つこと

清潔な頭皮を保つということは、毛髪の成長・維持を外側から支えることです。 具体的には、シャンプーで洗髪して余分な皮脂と汚れや雑菌を洗い流すことになります。

2、毛根に十分な栄養を与えること

薄毛対策としては、バランスの良い食事をし、毛乳頭から毛母細胞に栄養素を与えることが基本です。さらに、育毛に良いとされるビタミンやミネラルをサプリメントで補給することも「アリ」です。
また、頭皮に直接、育毛剤などを与えるのも「アリ」です。

3、生活習慣・食習慣を変えて健康な体をつくること

生活習慣・食習慣を改善して健康な体を作ることが、本当は一番の薄毛対策なのかもしれません。体の内側のホルモンバランスや自律神経が正常に機能することと、バランスの良い食事から、育毛に必要な十分な栄養を毛根に与えることができれば、根本的な薄毛対策になります。

頭皮マッサージも効果的

頭皮マッサージを行う目的は、頭皮に流れる血液の量を多くして、頭皮の血行を促すことです。
血液の量が多くなってくると、必要な栄養分が毛根にそれだけ多く運ばれていきます。
多くの栄養分が毛根に運ばれていくと、毛根の働きが非常に良くなり、成長段階の髪の毛に栄養が行き届かずにやせ細って、抜け落ちてしまうのを防止することができます。

専門病院で行う男性型脱毛症(AGA)対策とは

主なAGA(エージーエー)治療として、医療機関で受けられるもの、自宅で対処できるもの、整容的な対処などが挙げられます。

(1)内科的治療(薬物治療)
 医療機関で処方される薬=処方薬
 一般薬局(ドラックストア)で購入可能な一般医薬品

(2)外科的治療
 医療機関での自毛植毛術

(3)整容的対処
 かつら

AGA対策に役立つページ

1