1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

雨男さん

2012年9月1日のネットメディア「ロケットニュース」で、「韓国がワサビの起源を主張」していると報じられた。

ロケットニュースの記事は次の二点を問題にしている。

1.韓国版Wikipediaのワサビの項目に「ワサビは韓国が原産」と書かれている。

2.韓国のネットニュースで「和食の料理人の間では韓国産ワサビのほうが日本産ワサビよりも香りが優れている」と報じられた。

1.Wikipediaの記述を書いた者は誰か

Wikipediaはその内容が間違っているか正しいか不明な記述も多く、項目は誰でも編集できる。

現在(2012/9/1)の最新版では「ワサビは韓国原産」なる記述は削除されている。

Wikipediaの記述の変遷を検証

上はハングル、下は日本語に翻訳したもの。

「한국이 원산지며 한국과」
この文章が、

「韓国が原産地とし韓国と」
の日本語にあたる。

2012/9/1まで「要出典」とタグがつけられた状態で公開されていた。

2011/5/24
 IPアドレス「211.199.145.240」のユーザーによって、「韓国が原産地とし、韓国と日本の川辺や川で育つ」と書き込まれる。

2012/5/19
 ハンドルネーム「10k」により、「韓国が原産地とし」部分に「要出典」タグが貼られる。

2012/9/1
 IPアドレス「126.57.91.253」によって全記述が削除される。

2012/9/1
 ハンドルネーム「李王職」によって「韓国が原産地とし、」の部分が取り消されて、それ以外の文章が復活する。

もともと「日本の川辺や川で育つ」としか書かれていなかったところへ、

「韓国が原産地とし、韓国と日本の川辺や川で育つ」と文章をつけたす。もちろん根拠となるソースは何も書かれていない。

「211.199.145.240」は韓国に割り振られているIPアドレス。
これを書き足したものは韓国か韓国のプロクシから編集している。

ちなみに上の記述全消しした「126.57.91.253」は日本のIPアドレスであり、ロケットニュースの記事に怒って編集したものと思われる。

投稿記録

2011/2/13 「突厥」を編集

2011/4/7 「桜」を編集

2011/5/24 「ワサビ」を編集

2011/7/27 「ひげ」を編集

日本を意識した項目が多い。
その編集内容も香ばしいものばかりである。

2011/2/13
高句麗と突厥の関係を記した、

「しかし、7世紀に入って突厥は当の高句麗遠征に参加して、もう一度敵対関係を形成することになる。」

という文章に、

「 [ http://faction.co.kr/140113894243 "韓国とトルコが兄弟国になったのは、高句麗と突厥の歴史から始まった。"] Korean Faction 2010-08-31」

という参照情報をつけた。

その後1ヶ月ほど経った後「ブログはソースにならない」として別のユーザーにこの参照情報は削除されている。

2011/4/7、

「原産国は 韓国の 済州島だ」

という文章を付け加える。

4/22に別のユーザーによって取り消されるが、その後も原産国をめぐり定期的に編集合戦が行われている。

現在は消されている。

2011/7/27

「[[韓国人]]や[[中国人]] は少ない方だ。」

という文章に、

「[[韓国人]]や北部 [[中国人]] 、[[モンゴル人]]、[[ロシア]] [[アルタイ]]系諸民族、ネイティブアメリカンなど北方系アジア人にとっては少ない方だ。」

と付け加える。

まとめ

・「ワサビの起源は韓国」と書き込んだIPアドレス「211.199.145.240」は韓国人としての自尊心が強すぎるネットユーザーだと勝手にプロファイリング。

・韓国版Wikipediaでもまともな編集者と迷惑韓国人との間で編集合戦が行われている。

2.韓国産ワサビってあるの?

※ 韓国原産?わさび「Wasabia koreana」とは?

韓国産わさびを調べていると、「Wasabia koreana」という学名表記をよく見かける。

日本原産の本ワサビの学名は「Wasabia japonica 」

「Wasabia koreana」とはなんだろう。

以下のサイトにヒントを見つける。

A New Name for Wasabia koreana (Brassicaceae) in South Korea
http://www.bioone.org/doi/abs/10.3417/2005152

韓国の「Wasabia koreana」に「Cardamine pseudowasabi 」という新しい学名がついたニュースとか。

この植物は和名では「コウライユリワサビ」というそうだ。

1