1. まとめトップ
33 お気に入り 35689 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

navarさん

■トランス脂肪酸、米で全面禁止へ 健康への悪影響理由に

【ワシントン=小林哲】米食品医薬品局(FDA)は7日、ファストフードやお菓子などに多く含まれ、とりすぎると動脈硬化などの原因になるとされるトランス脂肪酸の使用を全面的に禁止する方針を固めた。今後60日間で国民から意見を募り、開始時期などを含めた規制の詳細を決める。

トランス脂肪酸は、植物油を加工してつくるマーガリンや、お菓子や揚げ物油として使われるショートニングに多く含まれる。米国では2006年から、加工食品に含有量の表示が義務づけられており、ニューヨーク市など一部自治体では、独自に使用を規制してきた。

トランス脂肪酸、米で全面禁止へ 健康への悪影響理由に t.asahi.com/d3w3 マーガリンの別名はプラスチックオイル。『トランス脂肪酸』は自然界に存在しない。半年以上カビすら生えない、ゴキブリも食べることのない商品です。欧州でも規制、禁止されてるのに日本は?

トランス脂肪酸逝きましたな。早く日本も規制しないと。あと米国の中毒的な小麦粉も調査してほしい。

先進国なのに未だトランス脂肪酸の危険も知らず摂取してるのは日本くらいって言うよね。マーガリン、ショートニングくらいは意識して避けた方がいいよb

トランス脂肪酸の話は芝海老騒ぎの比ではないよ。厚労省はどれだけ誤ちを重ねるつもりなのか? これまで危険性については警告すらしてないだろう?!

【マーガリン】 マーガリンの使用が規制されている国もある。 コレステロールのバランスを崩して動脈硬化などの心臓疾患のリスクを高めたり、免疫力を低下させてアトピー性皮膚炎などのアレルギーの原因のひとつとなることも指摘されている。 pic.twitter.com/v3nyE6pWey

■野菜ジュースはむしろ健康に悪い…?! 知るほど恐ろしい加工食品や飲料の製造工程

日本では野菜そのものだけでなく、加工製品も要注意です。そのひとつが野菜ジュースで、ある製品では水道水基準値の10倍もの硝酸態窒素の残留が検出されたといいます。原料の野菜の多くは海外複数国で濃縮(低温沸騰させて6分の1程度に煮詰めたケチャップ状にして輸入し、国内で水で戻して“還元”して使われる)される際に、ビタミンCや酵素は壊れてしまう。

これも必読!加工品ほとんど買わなくなってから体調よくなりました♪ @cerika13 野菜ジュースはむしろ健康に悪い?!知るほど恐ろしい加工食品や飲料 安部司×大西睦子対談【後編】カロリーゼロにだまされるな 本当は怖い人工甘味料の裏側 diamond.jp/articles/-/423…

こういう話聞くといやだなあ 野菜ジュースはむしろ健康に悪い・・・?! 知るほど恐ろしい加工食品や飲料の製造工程  diamond.jp/articles/-/423…

野菜ジュースはむしろ健康に悪い・・・?! 知るほど恐ろしい加工食品や飲料の製造工程 カロリーゼロにだまされるな  diamond.jp/articles/-/423… @dol_editors * トランス脂肪酸の表示の義務づけをしっかり法規制しないと。なんで日本だけ野放しなのかね? 

もっと気になるのは野菜の水耕栽培ですね。水耕で抵抗力がないので抗生物質と似た化学化合物を投与していますし、超多毛作なので植物ホルモンも与えています。しかも、葉っぱを大きく育てるために窒素肥料を大量に投与しがちですが、その結果として硝酸態窒素が残り、それを人間が大量に摂取するとチアノーゼ(メトヘモグロビン血症)を起こす可能性がある

発ガン性物質のニトロソアミンを生じる問題

人間を含む動物が硝酸態窒素を大量に摂取すると、体内で腸内細菌により亜硝酸態窒素に還元され、これが体内に吸収されて血液中のヘモグロビンを酸化してメトヘモグロビンを生成してメトヘモグロビン血症などの酸素欠乏症を引き起こす可能性がある上、2級アミンと結合して発ガン性物質のニトロソアミンを生じる問題が指摘

■砂糖の量

アルコールや砂糖、人工甘味料など急激に血糖値を上げるものを常時摂取していると、自律神経が乱れるため、意思が弱くめんどくさがり屋になりやすいそうです。部屋の掃除など片付けないといけないことがある人は、酒や甘いものをやめてみると、めんどくさがり屋が治るかも。

■ソフトドリンク(炭酸飲料)で脳卒中

【女性とソフトドリンク(炭酸飲料)】 毎日炭酸飲料を飲んでいた女性は、 そうでない女性に比べ血栓ができやすく、 脳に血液が送られなくなる虚血性脳卒中を 起こすリスクが83%も高まることがわかった。 pic.twitter.com/SZAwuOLlVl

■冷凍ブルーベリーから基準超の農薬

東京・中央区の食品会社が千葉県の工場で製造した冷凍のブルーベリーの商品から基準を超える農薬が検出され、保健所は23日、この会社に1万1000パック余りの商品の回収を命じました。

商品の回収を命じられたのは、東京・中央区の食品会社「ライフフーズ」で、対象となる商品は、千葉県船橋市の工場で製造した袋詰めの冷凍ブルーベリー、「ブルーベリー200g」で、製造日がことし6月4日になっているものです。
船橋市保健所によりますと、東京都が都内のスーパーで販売されていたこの商品を検査したところ、農薬の成分「ビフェントリン」が国の基準の3倍に当たる0.03ppm検出されたということです。このため保健所は、食品衛生法に基づき、同じ日に製造された商品1万1400パック余りを回収するよう会社に命じました。

■蚕のフン

抹茶アイスなどに含まれている緑色の食用色素の原料は、蚕のフンである。

バナナ

野菜や果物に付いてるシールの番号が意味する事。 4桁で3か4で始まる=化学肥料使用。5桁で9で始まる=昔ながらの有機栽培。殺虫剤、化学肥料無し 5桁で8で始まる=遺伝子組み換え作物。 (多分世界共通) pic.twitter.com/gVbclhkKf7

1 2 3 4





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1