1. まとめトップ

未来から来た男、ジョンタイターの物語

未来から来たといわれているジョンタイターについてまとめてみました。知れば知るほど謎が深まります。

更新日: 2013年05月24日

84 お気に入り 248002 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kijins1990さん

ジョンタイターとは誰か?

2000年11月2日、電子掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が書き込みを行った。
彼は John Titor (ジョン・タイター)と名乗り、未来からやってきたという証拠を提示していった。自身が搭乗してきたというタイムマシンや、その操縦マニュアルの写真、タイムマシンの原理図などである。また、2036年までに起こるという主な出来事や、タイムマシンの物理学についても明らかにした。
タイターは、最初の書き込みから約4か月後の2001年3月に「予定の任務を完了した」との言葉を残し、現在は消息を絶っている。

タイムマシンに関する委細で筋が通った説明や、近未来に起きると予告した出来事の的中などから、現在もその正体については議論が交わされている。

まさに都市伝説!

タイターによればこれは軍用モデルのC204型で、このタイムマシーンは50~60年の時間範囲なら正確にジャンプすることができるという。

わざわざこの時代に何をしに来たのだろうか?

ジョンタイターによると彼は2036年のアメリカの軍関係者である任務のために1975年に行った帰りにこの時代に立ち寄ったという。

その任務とは IBM 5100というコンピューターの入手が目的と語っている。なぜタイターがこの任務を任されたかという理由について、「祖父がIBM5100の開発に携わっていたため」と 彼自身が書き込んでいる。
このIBM 5100には、マニュアルにはないコンピュータ言語の翻訳機能があることが2036年にわかり、彼の使命は、2年後に迫っている2038年問題(2038年にWINDOWS NT系をUNIXに使用されているOSにトラベルが起きる)に対応するため、過去から受け継いだコンピュータプログラムをデバッグするためにIBM5100が必要なのだという。

難しい言葉がたくさん出てくるが、要は未来で昔作ったコンピューターが必要になったから2036年からお使いしに来たらしい

ジョンタイターによると、未来は「タイムライン」というものによりそれぞれ異なりタイターの住む未来と、現代のこの世界の延長線上にある未来は必ずしも一致しないという。

「予言」には、それをすると未来に大きな影響を与えすぎる場合が主に3つあり、タイターはこれらに影響を与える予言は行わないとの事。

1.確率による死を免れ得る予言。(例:自然災害や核爆発の具体的日時など。)
2.金銭的な利益が目的の予言。(例:株価予想やスポーツ競技の結果など。)
3.予言により現代において特定の人物の人生や人命に影響が出る場合。
(例:未来の歴史上において、重大な出来事の直接的原因となる人物の実名など。)

それではジョンタイターが予言した内容を実現したものから見てみよう。

ジョン・タイター先生の大予言

【既に実現した予言】
●イラクが核兵器を隠しているという理由で第2次湾岸戦争が起きる。
●アメリカ国内にも狂牛病が発生する。
●中国人が宇宙に進出する。
●新しいローマ法王が誕生する。
●アメリカの内政悪化(イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化)

【実現していない予言(まだ実現するかわからない予言)】
2006年 アメリカ国内で暴動勃発
2007年 中華人民共和国 内陸部で暴動勃発。軍が治安出動。(この治安出動をきっかけに中国軍の暴走が始まる。)
2008年 北京オリンピック中止/ 平成関東大震災(世界恐慌のはじまり)/アメリカ全土内戦状態
2009年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本侵攻/アメリカ合衆国初の女性大統領
2010年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本併合化
2011年 アメリカ合衆国政府解体
2012年 アメリカ連邦帝国樹立/「ネメシス」星が太陽系を通過/暗黒の3日間/世界の人口が現在半分に/人類覚醒の時。
2015年 第三次世界大戦勃発(ロシアがアメリカ連邦帝国・ヨーロッパ連合・中国に対して核戦争を仕掛ける。)
2017年 30億人の死者を出した末に、ロシアの勝利に終わる。
2020年 ロシアの援助により新合衆国政府が打ち立てられる。/地球上の国の殆どが、社会主義国家になる。
2034年 タイムマシンが実用化する。
2040年 オリンピックの復活

めっちゃ外れてるやんっ!(笑)

だがこの予言が外れた理由はジョンタイターがいた世界とは世界線が違った為といわれている

世界線って?

*世界線(world line)とは?
そもそも世界はあらゆる可能性、あらゆる結果のバージョンが平行・多重に存在している
という考えに基ついたとき、ある1つの世界を示す言葉。
  
*世界線のズレ(drivergence)
ある世界線から別の世界線へタイムトラベルした場合に、2つの世界線間での歴史の相
違を示す言葉。ジョンは2036年の彼の世界線と我々の世界線では、最大1~2%の相違
があるだろうと推測している。

タイターが言うように「タイムライン」が異なり、未来は必ずしも一致しない。つまりは「パラレルワールド」といういくつもの世界が存在し多少の誤差が生じている可能性があるわけですがこれまでの世界情勢なども考えるとあながちすべてが与太話とは言えないかもしれません。

未来の日本地図

なんで、福島や関東近辺が立ち入り禁止になったかって考えたら
首都をより西に持ってこようってみえてくるのでは?

放射能汚染が懸念される東より、より西へ。

となると、中心となる岡山が首都になってもおかくしないべ

タイターの両親

2003年1月、ジョン・タイターの両親だと名乗る若い夫婦が、幼年期のタイター本人だという5歳の男児を連れて、フロリダのラリー・へーバーという弁護士の法律事務所に現れた。彼らは、タイターが未来からやってきた経緯やタイターの話を裏付ける証拠物件をへーバー弁護士に預託し、もうこの問題に関わりたくないと言って、フロリダから国内のどこかへ移転していったという。

彼はまず電話をしてきて、それから私たちの家の玄関のドアをノックしました。戸口に立っていたは、未来から来たと称する男性でした。いえ、単なる「男性」ではありません。38歳になった私の息子、2036年からやってきたタイムトラベラーだと言うのです。

 その日から2001年3月まで、ジョン・タイターは私たちの家に滞在しました。彼の話は、1975年に夫の父親に対して、私たちに2000年問題の備えをさせると約束したそうです。2000年1月1日、世界はジョンが言ったように終わることはありませんでした。不思議なことに、ジョンは驚きを見せませんでしたが、深い悲しみに襲われた様子で、これが彼の重荷になったようでした。
 
 ジョンは、自分の正体とここへ来た理由をインターネットに書き込むことにしました。なぜそんなことをしたのか、私にはいまだにわかりません。

ジョンタイター本人だけでなく彼に関わった人物がでてきてしまった。
もし悪戯ならこの両親を名乗る人物もグルなのか?
また、なぜタイターは過去の自分の両親と共に3年近くも一緒に過ごしていたのか?
多くの謎を残したままタイムトラベラー ジョンタイターは2001年3月「予定した任務は完了した」と言い残し姿を消した。

ジョンタイターをもっと楽しむために

このジョンタイターが深く関わっているアニメが日本で制作されています。

ジョンタイターに関するつぶやき

1 2