1. まとめトップ

【簡単!】収穫量を増やす「摘心」ができるハーブ、バジル・しそ・ミント・ローズマリーなど

【簡単!】収穫量を増やす「摘心」ができるハーブ、バジル・しそ・ミント・ローズマリーなど

更新日: 2017年04月27日

201 お気に入り 67083 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ニャオスさん

摘芯(摘心)栽培(てきしんさいばい)

摘心とは、葉がある程度の枚数になったら、
茎の先端を少しカットすることです。
そうすることによって、脇芽が出てきます。
すると、芽が倍々になって、収穫量が増えます。

切った部分は、勿論お料理などに使って下さい(^^)

バジル

①バジルがある程度成長(8~10枚くらいの葉に成長)したら、点線の位置で切りましょう。

根元から2つくらいの枝(葉だと4枚分)を残し、はさみなどでカットします。
 

②カットした側はそれなりの数の葉がとれるのでそのまま料理をしてしまいましょう。
 元の部分はそのままでOKです。

③元はそのまま成長すると脇から枝が伸びてきます。そのまま2本に分かれて成長していきます。

④2本共に大きく育ちますので、切ったことすら忘れてしまいます。

http://basilist.jp/basilog/000012.html

バジルの花が咲いてきたら、高さ 20~30cm残して刈り取るとまた新しく芽が出てきます。

http://doit.co.jp/howto/howto04/019/

バジルは、挿し木で増やす事も出来ます!
(「葉が硬くなってきたり木化してきたバジルは、挿し木で復活! - NAVER まとめ」参照)

シソ

"シソがある程度成長してきたら、茎を思い切って切断してしまいます。

この時に、茎が枝分かれした部分で、葉の付け根に新しい芽が出ているような箇所を残しましょう。

この写真では切ったところの両側に小さな芽が出ていると思います。"

http://basilist.jp/basilog/000056.html

ミント、タイム、マジョラム、レモンバームなど

ローズマリー、セージ、ラベンダーなどの 木質化する、シソ科のもの

ローズマリーは、摘心も出来ますが、挿し木で増やす方法もあります。
http://herb.iizo.org/herb-book/post-55.html
"2年目の枝を切り取り、「挿し木」を行います。より確実に根づかせるためには、花が終わった春か秋に、枝を5~6cmまで切り取り、土にさす部分の葉を取って挿し木しましょう。1か月ほどで発根します。"

キャラウェイ、チャービル、コリアンダー、 ラビッジなどのセリ科

チャイブ類

twitterの皆さんも摘心

冬の間は、夏のバジルを挿し芽にしてを繰り返してるけど、 春はやっぱり種まきよね?!(笑)発芽。発芽から育苗期は多湿にしないこと。葉をたくさん使いたい人は、ポットから移植さたあと、肥料を多めにし、花芽の分化を遅らせ、摘心を繰り返すと… twitter.com/i/web/status/8…

1