1. まとめトップ

STORY

モデル志望で自己チューなブロンド美人デビーは、ある日交通事故に遭い、その魂が天国の入り口にやって来る。何の因果か、彼女の魂は、肥満体だが頭脳明晰で心優しい女性弁護士ジェーンの肉体を与えられることに。外見に固執していた薄っぺらなモデル人生から180度リセットされたデビー。慣れない体型に戸惑いながらも、新たに手にした知性を武器に、法廷で大活躍。いつしか外見とは裏腹に、キュートな魅力が輝きを放ち始める。

キャスト

ブルック・エリオット

 アメリカのテレビ/映画/舞台女優、歌手である。

 ミネソタ州で生まれた。父親の仕事の関係で、ミシガン州リバービューに引っ越し、Gabriel Richard Catholic High Schoolを1993年に卒業した。その後、西ミシガン大学に入学し、Musical Theatre Performanceにより美術学士の学位で卒業した。
 彼女は熟練した歌手であり、『美女と野獣』、The Pirate Queen、Taboo、『ウィケッド』といったブロードウェイ・ミュージカルにも良く出演している

マーガレット・チョー

 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身のコメディアン・女優・ファッションデザイナー。韓国系。

 両親は本屋を経営していた。演技に興味を持ち始め、高校はSan Francisco School of the Artsに入学。16歳のときからスタンダップ・コメディを始め、ジャニーン・ガラファローと共に多くのコメディ・クラブを回ったという。1994年にAmerican Comedy Awardsを受賞。同年、アジア系女性としてはじめて自分のテレビシリーズを持つようになる。シリーズは人気が出ずにすぐに打ち切られてしまうが、オフ・ブロードウェイなどの舞台で活躍。

【主なゲスト出演者】

ロージー・オドネル :マデリン・サマーズ判事(吹替:上村典子)

アメリカ合衆国のコメディアン、女優、司会者(トークショーホスト)である。本名はRoseann Theresa O'Donnell。ニューヨーク出身のアイルランド系。

ロングアイランドにて5人兄弟の3番目に生まれる。両親ともにアイルランド系でカトリックの元で育つ。11歳になる直前に母親を乳がんで亡くしている。ディクソン・カレッジに入学した後、ボストン大学に移るが、結局中退した。
 1979年から1984年までスタンダップ・コメディアンとしてクラブを回った。ラリー・キング・ライブのStar Searchに出場して人気を集める。
映画デビューは、『プリティ・リーグ』 のサード(ドリス、背番号22)役。ミュージカル 『グリース』 でブロードウェイにデビュー。これまでエミー賞とトニー賞を受賞している。
 2002年にレズビアンであることを公表した。2004年にサンフランシスコで長年のパートナーであるケリー・カーペンターとの結婚を認められたが、その後米国カリフォルニア州最高裁判所で無効となる。

ティム・ガン :本人役(吹替:田中正彦)

アメリカ合衆国のファッションコンサルタントでテレビパーソナリティ。1982年から2007年までパーソンズ美術大学の講師を務め、2000年8月から2007年3月までファッションデザイン学科の学部長を務めた。その後Liz Claiborne|社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任している。リアリティ番組の「プロジェクト・ランウェイ/NYデザイナーズバトル」の助言役(メンター)としてよく知られている。

ティムは ワシントンD.C.にて生まれ育った。父のジョージア・ウィリアム・ガンはジョン・エドガー・フーヴァーがFBI長官を務めた時代のFBI捜査官だった[1]。ティムは高校時代を通じて水泳で才能を発揮し[1]、卒業後はCorcoran College of Art and Designへ進学、彫刻分野の美術学士を習得している[2]。
後年になり、17歳当時に服薬自殺を図った経験があることを、若年層のLGBTにおける自殺問題解消を目的としたオンラインビデオチャンネル「It Gets Betterプロジェクト」に寄稿したビデオにて、公表している[3]。

1





kodydadyさん