1. まとめトップ

気になる“背中ニキビ”の原因と対策

背中ニキビになってしまったら、どういったケアをしていけばいいのか悩みますよね。そこで、背中ニキビの原因と対策を調べてみました。

更新日: 2014年06月29日

mongo1026さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
731 お気に入り 1819436 view
お気に入り追加

■背中にきびの原因って?

寝汗が原因

特に仰向けで寝ている人は一番背中に汗をかきますから
この汗が原因でニキビができる事もあるのです。

洗濯洗剤、柔軟剤が原因

背中は常に洋服が触れている部分ですから
洗濯洗剤、柔軟剤が肌に合わなかった場合に1番影響の出やすい部分です。

シャンプー、整髪料が原因

洗髪後、髪はもちろん頭もしっかり流しているつもりでも
実際はどうしても残ってしまったり、お風呂から上がった後から
髪の毛が乾くまでの間に背中にシャンプーやトリートメントが付着してしまうのです。

日焼けが原因

日焼けすると、皮膚の角質を硬くしてしまい、背中などににきびができやすくなります。

食事が原因

チョコレートやケーキのような糖分の高いもの、もち米が原料となっているせんべい類なども背中にきびの原因となります。

乾燥肌が原因

特に冬場に背中にきびができやすい人は、乾燥が原因となっている可能性が高いです。

ストレスが原因

人は、ストレスを感じると、緊張状態になり、血流が悪くなります。
すると、男性ホルモンが多く分泌されてしまい、過剰な皮脂分泌と重なり、にきびが出来てしまいます。

■背中にきびを治すには…

汗をかいた下着や肌着を、長時間、身に着けない

洗髪をしてから体を洗う

こうすることで、シャンプーやトリートメントの付着を防ぐことができます。

お風呂あがりから髪が乾くまで首からバスタオルをさげておく

こうすることで、風呂から上がった後も背中を清潔に保てます。

睡眠を充分にとる

顔や背中のにきびにとっては、だいたい8時間前後の睡眠が必要といわれます。

食生活等の生活環境を改善する

脂肪や糖分は背中に出来るにきびの敵、皮脂の原因になります。ビタミンAやビタミンB2、ビタミンCやビタミンEの摂取が効果的だといわれています。

ストレスを溜めないようにする

心をリラックスさせることができる解消方法を見つけてストレスを軽減させます。

日焼けをしないようにする

顔だけでなく、胸や背中にもきちんと紫外線カットをしてケアすることが、日焼けをふせぐだけでなく、背中にきびの原因から逃れる方法なのです

■保湿で背中にきび予防対策

背中にきびには保湿が大切

普段から背中を洗っておき、その後は保湿をしてケアをしておくことが重要です。普通のさらっとしたタイプの化粧水をつけるだけで充分保湿できます。

肌を健康に保ことで、背中にきび予防対策

いったん背中にきびができてしまうと薬の治療だけでは治らない場合があります。背中にきびの予防対策としては、肌を清潔で健康な状態に保っておくことがとても大切です。そのためには、市販されている薬やスキンケア用品の中から自分にあったものを見つけて、背中もきちんとケアしておきましょう。

■背中の洗い方を見直そう

洗い方を見直すことで背中にきびをケア

できれば柔らかいタオルを使用して、洗い方を工夫しながら、背中の皮脂を取り除くのが、背中にきびの治療としても有効であるようです。

背中をやさしく洗う

背中にきびを作らないようにするための対策はなんといってもきちんと背中を洗うことです。
あまり、強く背中を洗いすぎると過剰な刺激を与えてしまい、肌を傷つけることになってしまいますから、気を付つけてやさしく洗い、できれば保湿もしておくのがただしい、背中にきび対策になる洗い方のようです。

1 2





mongo1026さん

かわいいもの・スイーツが好きです。見て下さり、ありがとうございます。