1. まとめトップ

【ネガフィルム】アナログカメラのための35mmフィルムまとめ【ポジフィルム】

デジカメ全盛期のいま、おされカメラ女子から根強く支持されているアナログフィルムカメラ。そんなアナログカメラで使用できる35mmフィルムを特徴とともにまとめてみました。ネガフィルム・ポジフィルム・リバーサルフィルム

更新日: 2014年08月02日

4 お気に入り 688 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

worldtravelさん

カメラ女子こそネガフィルム

フィルム独特の淡い写真を撮りたいならネガフィルム!カメラ女子はもちろん、プロにだって愛用される懐の深〜いフィルムです。

FUJIFILM

ISO1600の超高感度フィルム。
ISO100からISO3200まで大きな色調の破綻なく実用可能な驚異的なラチチュードの広さが特徴。
デジタルの絵作りとは正反対なフィルムならではの柔らかさにアナログカメラ女子からも絶賛の声。
露出のあいまいなトイカメラは勿論、あらゆるシーンで柔らかく自然な色合いで撮れるフィルムとしてプロからも信用の高い高級フィルムです。

ISO800の高感度常用フィルム。
第4の感色層により蛍光灯下でも優れた色再現性が可能。
高感度フィルムにありがちな色あせ感がなく発色も鮮やか。とくにアンダー気味のネガからもメリハリのあるプリントが得られる。
高感度でも鮮やかさとメリハリが欲しい時におすすめのフィルムです。

ISO400の常用フィルム。
日中から夕景、明るめの室内まで広く対応。
ビビッドカラーリプロダクション技術が採用され、フジカラーの中でももっと鮮やかな一本。
"記憶色"を意識した彩度でありながら、日本人の肌に合わせて調整されていおり、風景だけに特化しがちな高彩度フィルムでありながら人肌も美しく再現できるオールマイティさが特徴。
最新のデジタル一眼に負けない発色性で、クセも粒状性もないことから、非常に素直で万能に使える高級フィルムです。

ISO400のプロフェッショナル用フィルム。
第4の感色層によりさまざまな光源下でも忠実な色再現をする。
軟調な写りが"ゆるふわ写真"を撮りたいカメラ女子にも大人気。
正しくプリントすればニュートラルで忠実な色合いになるところ、一部のDPE店や写真雑誌がシアンがかって写るのがこのフィルムの特徴だと謳い青っぽいプリントが出回ったが、これはDPE店がネガのオレンジベースに対応できていないか、あえてカラーバランスを崩し青っぽくプリントしていると考えられる。
とはいえ他にない程の軟調さが寒色系または暖色系に偏った色調とよく合い、"オシャレ写真"用としても重宝されている。

1