1. まとめトップ

世界最大の火山のひとつ イエローストーン の噴火の可能性についてのニュース

世界最大の火山(Supervolcano)のひとつイエローストーン(Yellowstone)の噴火の可能性ニュースをまとめました。なお浦沢直樹の漫画『PLUTO』にはここをモデルとしたエデン国立公園とその地下の火山のマグマだまりと噴火がラスト描写となっています

更新日: 2018年02月19日

8 お気に入り 90290 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mototchenさん

環太平洋の火山噴火活動は活溌

イエローストーンはここです

イエローストーン、近年は久しく熱水系の水蒸気爆発が起きていないのか。でもこの頻度なら遠くないうちにまた起きるだろうし、そうしたらまた世界滅亡ネタとして面白おかしく流布されることになりそうだ。… twitter.com/i/web/status/8…

群発地震

イエローストーンの調査結果ニュース

カラパイア : イエローストーンの火山下に大量のマグマを確認、グランドキャニオンを11回埋め尽くすほどの規模(米研究) karapaia.livedoor.biz/archives/52190… pic.twitter.com/rQuJ4ouWud

以下の今にも噴火しますという予言?は外れています。

ロシアの声で1月25日に二週間以内にイエローストーンが噴火するとする Hank Heasler ハンク・ヘスラー氏がでてくる1月29日の記事

多くの科学者は、別のsupervolcanic噴火が今後数千年の間に、例えば、イエローストーンでいつでもすぐに発生する可能性は低いと思います。 専門家はまた、イエローストーンでのsupervolcanic噴火は必ずしも差し迫っていないことを言う。

過去のイエローストーンの状況

3月30日の早朝、ワイオミング州北西のイエローストーン国立公園で、この地域の地震としては、この 34年間で最も強い地震が発生した。

ユタ大学地震観測ステーションによると、震源は、ノリス・ガイザー・ベイスン( Norris Geyser Basin )から北北東に 6.5キロの場所だった。

イエローストーン領域での地震活動は地質学的には珍しいことではない。世界最大の間欠泉を誇るこの公園の険しい土地は、何百万年もの火山活動で形成された。

ユタ大学によれば、イエローストーンでは、3月28日から小さな地震活動が始まっており、 25回以上の小さな地震が起きたという。

アメリカ地質調査所( USGS )は、マグニチュード 4.8の地震の後、「継続している地震活動以外の地質活動の兆候はない」と声明を発表し、そのため、警報などを出す必要はないと判断したと語った。

アメリカ地質調査所の調査チームは、地質変化や熱水系への影響を調査するために、震源に近い地域を訪問する予定となっている。

In Deep

何人かのブロガーがアップした動画と記事に対して議論が続いている。イエローストーン国立公園からバッファローが集団で逃げる光景を撮影した人物は以下のように説明している。

「この話をどのような形で信じられるか私にもわからないですが、今朝( 3月20日)、道路でバッファローたちが移動している光景を見ました。その理由は私にはわかりません。密猟者などに追いかけられて、逃げているという可能性もあると思いますが、もしかすると、イエローストーンに何らかの活動のある兆候の警告かもしれないと思い、記事にしました」

オハイオ州のサバイバリストで、動物の捜索と救出の専門家であるトム・ルッシュさんは、今年の冬は、イエローストーン国立公園でのヘラジカの群れの数が平年の4分の1しか見当たらず、他は行方がわからないと述べる。

そして、以下のように語った。

「生物学者たちは、このヘラジカたちの劇的といってもいいほどの数の減少の理由をつかめていません。そして、現在、イエローストーンでは通常の 1,000倍のヘリウムが放出されています。これに関して、メディアは報道しません」

「バイソンたちの大群が山から下り、公道を走る姿も見ています。バイソンは大地の変化を検出します」

「イエローストーンが噴火することを予測できる科学者はいないですが、ただ、イエローストーンは休眠期から活動期に入った可能性があると私は考えます」

CBC…広報担当のエイミー・バートレット氏…スタッフたちは人々に対し、バイソンたちは…ただ発情していただけ…
動画のバイソンたちは…マグマ溜まりの方角に向かって走っていた…広報担当者のダン・ホトル氏「Jackson Hole News&Guide」…
…ユタ大学の地球物理学者ボブ・スミス氏はJackson Hole News&Guideに対して、今回の地震が発生…は断層が多い地域でありマグマの活動が多い地域ではない…
…2013年12月、イエローストーンの地下にあるマグマ溜まりが、これまで考えられていたより2.5倍大きいと推定…した研究論文の主著者であるジェイミー・ファレル氏によれば、噴火が生じたとしたら、「世界規模の現象」となり、世界中に多くの破壊や衝撃を与えるだろう…
アメリカ地質調査所のジェイク・ローウェンスタイン氏は2013年5月「io9」に対して…巨大火山が大規模な噴火を引き起こす可能性はあるが、その影響は公園内に留まる可能性が高い…近いうちに起こる可能性はありそうにない…
このカルデラがこれまで何度か定期的に小規模噴火しており、内部の圧力が解放されているから

The Huffington Post Canada | 投稿日: 2014年04月07日 14時50分 JST | 更新: 2014年04月07日 14時50分 JST
日本語版:佐藤卓/ガリレオ

イエローストーン火山について

1 2