1. まとめトップ

【笑う犬】懐かしの公平戦士「ザ・センターマン」まとめ

もはや幻のヒーロー。懐かしのセンターマンについてまとめてみました。

更新日: 2012年09月04日

japandaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 51051 view
お気に入り追加

センターマンとは?

センターマンは原田 泰造(ネプチューン)が演じる公平戦士

左半身だけ服を着て右半身は全裸の「センターマン」(原田)が星獣戦隊ギンガマンの挿入歌『銀河の王者ギンガイオー』のアレンジBGMに合わせて登場し、当時武富士のCMソングだった『シンクロナイズド・ラブ』に乗せて折半案を提示しながら踊る。

毎回必ず高い(降りづらい)場所からセンターマンは登場する。

[登場のセリフ]
はっはっはっは・・・。
お前ら!
その金ほんとに公平に分けたのかい?

(ナレーション)
半分イコール平等という先入観だらけの現代社会に
真の平等を伝授する彼こそが、
公平戦士ザ・センターマンだ!!

[登場後のセリフ]
人は五分だ五分だというけれど
ホントは七三ぐらいがちょうどいい
ザ・センターマン!!

放送当時、原田は本編において「嫁は見ないようにしており、娘は(センターマンを見て)泣いていた」と語っている。

「センターガールズ」と呼ばれるバックダンサーがCMに出演していた「武富士ダンサーズ」と同じダンスをセンターマンと一緒に披露していた。

参考:武富士ダンサーズCM集

「ザ・センターマン」第 1 回 (2000 3.12)

消えた?!センターマン

2005年11月3日から、2010年7月24日まで「笑う犬」シリーズがフジテレビTWOで再放送されていた。また、コント「ザ・センターマン」は編集によりカットされている

原田の陰部が見えてしまっている(放映時はCG処理でぼかしている)回があるため、抗議を恐れてのカットと前述の武富士との権利関係によるものという2つの原因が考えられている(後の「あの人は今」シリーズコントで武富士からは黙認されていたとセンターマンが語っている)

なお再放送第13回前半最後のコント「TRAFFIC JAM CAFE」が流れた後で「笑う犬で音楽コントといえばセンターマン」と内村が発言する場面では編集されずにそのまま放送されている。

1





じゃぱんだです。

このまとめに参加する