1. まとめトップ

地球で「最もかっこいい動物」の画像と名前

姿形や色が心をときめかせるカッコよさを持つ動物を集めています。うっとりしてしまう美しい動物や、勇ましい動物まで。地球上で最高にカッコいい動物の写真と名前のまとめ。

更新日: 2012年11月04日

151 お気に入り 284335 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ヘビクイワシ

ヘビクイワシは、サバンナに生息する。単独もしくはペアで生活するが、野火が起こると逃げる獲物目当てに集まることはある。地上を徘徊して獲物を捕らえるが、翼が退化して飛べないタカヘやダチョウなどとは異なり、飛翔能力はある。
和名は食性にヘビが含まれる事が由来だが、専食するわけではなく、食性は動物食で昆虫・爬虫類・鳥類とこれらの卵、ネズミ・ウサギなどを食べる。

オオワシ

全長オス88センチメートル、メス102センチメートル。体重オス5-6キログラム、メス7-10キログラム。翼開張220-250センチメートル。
食性は動物食で、主に魚類を食べるが鳥類、小型から中型の哺乳類、動物の死骸なども食べる。

体胴長100 - 160cm、肩までの体高60 - 90cm、体重は25 - 50kg。大きい個体では50kgを超えるものもいる。現生のイヌ科のなかで最大。高緯度ほど大きくなる傾向がある。体色は灰褐色が多く、個体により白から黒まである。子供の時期は体色が濃い。北極圏に住む亜種はより白い。体毛は二層に分かれ保温や防水に優れ、夏毛と冬毛がある。

チーター

和名や英名は「胴体に斑点がある」という意のサンスクリット語に由来する。 ジンバブエでは斑点が繋がり帯状になる突然変異個体(キングチーター)がいる。四肢は細長く、爪をさやに引っ込めることができない。これにより爪がスパイクの役割をして速く走ることに適している。

ホッキョクギツネ

寒さに圧倒的に強く、-70℃の世界でも少し寒がる程度である。極寒地で生息できるための仕組みとして、毛が深くて濃いことや、足を凍結から守るための対向流熱交換系があること、体脂肪の十分な貯蔵が挙げられる。
ホッキョクギツネはときには流氷群をたどり氷原が途切れているとそこを泳いで小さな島に渡る。そしてホッキョクグマののこしたアザラシの残骸や魚を食べている。彼らは嗅覚が鋭く死肉が2. 5mの雪の中に埋もれていても見つけ出してしまう。またよくホッキョクグマの後について行動するのが見られる。

ホワイトタイガー

ホワイトタイガーはアルビノとは異なりベンガルトラの白化型である。トラ自体の個体数が少ないため、野生で見られるのは稀である。ホワイトタイガーは、普通のトラでは黄色になる部分の毛が白く、かつ黒縞の色が薄く、瞳の色は青である。白化型の遺伝にはメンデルの法則が当てはまるとされる。

ライオン

オスであれば体重は250キログラムを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である。ライオンは後期旧石器時代から描かれており、古くはラスコー洞窟やショーヴェ洞窟の洞窟画などがある。事実上、古代から中世にかけて栄えた文明でそういった作品が見出せないものはないといってよい。彫刻や絵画、国旗をはじめ、現代の映画や文学などでも広く扱われている。

▼関連まとめ

1