1. まとめトップ

【ノーベル賞】10歳若返るって本当?注目成分「EGF」

注目の美容成分EGFについてまとめました。さっそくトライ!

更新日: 2013年06月09日

90 お気に入り 109185 view
お気に入り追加

EGFとは

EGFとは、上皮細胞を再生させる因子(新しい細胞産生を促すペプチドのひとつ)のこと。
http://www.egf-style.com/egf/index.html

アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見されれ、博士は hEGF の配列識別とその機能のパイオニアとして、1986年にノーベル賞を受賞。

EGFは、火傷による皮膚移植や角膜切開による傷の回復促進などの目的に医療の分野で幅広く使用され、かつては1gあたり8,000万円もするほどの高価な成分でした
http://xcell.jp/beauty/egf.html

正式名称をヒトオリゴペプチドといいます。

EGFとはそもそも人間が生まれながらに持っている「細胞を再生させる因子」のことで、新しい細胞の生産を促すものです。
http://eg-skin.sakura.ne.jp/guide/

「皮膚の表面にある細胞に働きかけて分裂、集合を繰り返しながら、新しい細胞の生産を急速に促進する」働きがあります。
http://egf-association.jp/shiryo.htm

「人間が本来持っている肌細胞の再生能力を引き上げる」というものがEGFの単体としての効果になります。

具体的には、肌細胞を活性化させて、年齢と共に周期が遅れる“ターンオーバー”を通常の周期に導くという効果ですね。

ターンオーバーが正常な状態に戻ることにより、それ以上の老化を防いだり、若い頃のみずみずしい肌を取り戻せるというのがEGFの単体としての効果となります。

http://kibouno.net/02.html

EGFの量は赤ちゃんの頃をピークに、「お肌の曲がり角」と言われる25歳前後から急減。
同時にヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン等タンパク質の生成も低下すると言われています。
http://www.tunemakers.net/product/special/002044.html

そこでこのEGFを お肌に補給することにより、年齢とともに低下する肌本来の力を助け、 皮膚細胞の新生を促すことができるのです。
しかもこのEGFは細胞内で飽和状態になった場合、それ以上取り込まれることはありません。
副作用のない安全な成分です。
http://egf-association.jp/egf_toha.htm

※グラフはEGFを60日間塗布した場合の肌細胞増加率

補給するには?

2005年秋には、厚生労働省より化粧品使用の認可がおり、EGF成分を配合したスキンケア製品が誕生。全成分表示「ヒトオリゴペプチド-1」として登録されました。
http://www.egf-style.com/egf/index.html

美容液や化粧水、クリームだけでなく、洗顔料・パック・ファンデーション・ジェルなど様々なEGF化粧品が販売されています。

これだけ注目されているEGF。
フェイシャルエステにも導入されています。
エステティシャンの方と相談しながらケアしてもらえるので、初心者には安心です。

EGF化粧品案内

10mL 3,150円

他の商品よりやや高い感じは否めませんが、人気商品です。

http://www.tunemakers.net/index.html

1