1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

意外と知られていない!香水を付けて行くと白い目で見られる場所

この前レストランに香水の匂いをぷんぷんさせた人が入ってきたので作りました。せっかくいい匂いを身にまとっているのですからTPOを考えて付けたいものです。

更新日: 2012年11月25日

417 お気に入り 206218 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sherllyさん

オフィス

オフィスでは香りを控えめにしましょう。
つける場合は、グリーン系やフローラル系など軽い香りの香水を少しだけ、ウエストから下、足首などつけるようにしましょう。

自分の好きな香りを相手が嫌いな可能性もあります。
会社にいる時間はとても長いので一緒に働く人のことも考えてマナーを守りましょう。

会議・打ち合わせがある時

料亭・レストランで食事をするとき

食事では食べ物の香りも楽しむため香りは控えめにします。直前につけ直さないで残り香程度にするか、つける場合は足元に軽くつけるようにしましょう。

レストランは付けてきている人が多いかも。
足元につけるぐらいであれば他人の迷惑にはなりません。

ワインを飲むとき

ワインは、香が命。
もしも同じ系統の香があれば、そのワインを
味わう事ができなくなります。

ワインの香りを消してしまうとせっかくのおいしいワインの匂いを消してしまいもったないです。
居酒屋で安いワインを飲む時はいいと思いますが、レストランで少し高めのワインを飲む時は気をつけましょう。

キャンプや登山などのアウトドア

山やキャンプ等のアウトドアです。
自然の多い場所では、虫を刺激します。

そもそも汗をかくであろう時に香水はつけないかと思いますが、
汗をかくだけでなく虫など刺激してしまう原因になるので、汗をかく時は控えましょう。

病院に行くとき

生活のシーンでは香水をつけないほうがいい場合もある。例えば、お葬式や病気の人を見舞う場合は控えるべきだ。

お葬式は大丈夫だとしてもうっかり忘れてしまいそうなのが病院。
相手が重病じゃなかったとしても病院という場所を考えると控えるべきですね。
見舞う相手だけじゃなく様々な症状を持った人がいる場所だという事を忘れずに。

香席・茶席

お香を楽しむ香席や、お茶を楽しむお茶席なども、香りを楽しむ場なので、それ以外の匂いはじゃまになります。この場合も控えるようにしましょう。

結婚式・パーティー

華やかな場所では自分好みの香水を使いたいですね。ただし、大勢の人が集まる場所では、いろいろな香りが混ざり合うのでつけ過ぎには注意してください。

こういう時こそ付けていきたい!という感じですがみながその気持ちで集まると大変なことになりそうです。
ここも控えめを心がけましょう

上手な香水の付け方

香水は体温で温められて、洋服を通してほのかに香るのが一番エレガントだとされています。洋服で隠れる部分につけるのが一番良いでしょう。

香りの強い香水や微かに香らせたいときはつける箇所を減らしましょう。減らす箇所は肌が衣服から露わになる手首、アキレス腱、膝裏などです。

よく香水つけ始めの人に、同じ香水ばっかりつかっていてその香水に対する嗅覚がマヒし、「この香水最初だけしか香りがしないんだよねー」とかいって、どんどん付け足したりする人がいたりしますが、その場合大抵はつけすぎ状態になっています。

香水をつけるときは・・・

せっかくいい匂いを身にまとうのですから、周りの人を深いにさせない控えめな香りで
自分も楽しむことが出来るといいですね。
マナーを知らない人も多いと思うので、そのときはこっそり教えてあげましょう。

関連まとめ

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1