1. まとめトップ

道州制とは何か?どんなメリット・デメリットがあるのか

自分の勉強を兼ねてまとめ始めましたが、なかなか難しいです。初心者が作った初心者向けのまとめです。

更新日: 2016年09月21日

44 お気に入り 265348 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

道州制とは何か?

全国47の都道府県を、
地域ごとに「道」又は「州」に再編成する事なんです。

現在においても、地方においては徳川幕府さらにはそれ以前からの地域的文化、認識の差が存在しており、道州制度を実施した場合、前述のような異なった文化、認識による地位的対立が生じる可能性がある。

現行の都道府県制度を廃止して、複数の都道府県を統合した面積規模を持つ広域行政体をつくり、自立のための権限を与える制度

北海道以外の地域に数個の州を設置し、それらの道州に現在の都道府県より高い地方自治権を与える将来構想上の制度を指す。

北海道はそのまま道として存続するため「州制」ではなく道州制と呼ばれる。

日本の道州制論議 - Wikipedia

地方分権との違いは?

地方分権とは政府がもっている権利を地方に譲り分けること、これは行政単位ではなく、行政権を分けることになります。

つまり道州制になったからといって地方分権されるとは限らず、逆に地方分権されても道州制でなくともいいということになります。

ただ現在の日本の経済力、インフラ、医療に関わるコストによれば、道州制を導入して、さらに地方分権を進める方向で話を進めたほうがいいのではという意見が主流になっているという状況かと思います。

日本の道州制論議 - Wikipedia

どんなメリット・デメリットがあるのか

メリットとしては、現在の細かい地方行政区域が整理されて、行政の効率化がはかれると言うことになると思います。

大都市圏を必ず含む行政区域となるために税収の均一化されやすいとも言えるでしょう。

デメリットとしては、今以上に田舎の空洞化・老齢化が進む可能性が強いことになります。

今まで県都として、ある程度の規模を持っていた都市も、単なる地方都市となり、州都となる都市への一極化が進むと言うことです。

<メリット>

47都道府県を10程度の道州にすることによって、職員数や議員数を減らせるので、事務所費や人件費を削減できます。

国から都道府県、都道府県から市町村へと財源及び権限が委譲されるので、より国民に身近な行政が実現します。

国の権限が外交、防衛、司法などに特化できるので、より良い国家行政が期待できます。

<デメリット>

国家公務員は、地方を支配することで中央集権制を維持してきたので、そう簡単には財源や権限を委譲しないと予想されます。

道州(都道府県)と市町村の間でも国と道州間と同じような予算や権限の問題が起きて、ゴタゴタ続きになると思われます。

1 2