1. まとめトップ

オスプレイ問題についてのまとめ

オスプレイ問題についてのまとめ。偏ったまとめにならないように「賛成」「反対」意見どちらも扱うようにしています。このまとめの元となったアンケートは以下からhttps://www.facebook.com/questions/396911523690587/

更新日: 2012年10月04日

9 お気に入り 9975 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

WEBCRAFTSさん

【徹底討論沖縄】オスプレイ導入、賛成?反対?

オスプレイについてのクエスチョン

オスプレイ反対県民大会

オスプレイ問題について

オスプレイは危険?

ドリームを実現するために機体は航空機史上で最も複雑なシステムとなり、開発には25年もの歳月と莫大な経費を要した。操縦も難しく、試験飛行中には墜落事故が多発して「ウィドウ・メーカー(未亡人製造機)」というありがたくないニックネームを付けられてしまった。

オスプレイは安全?

8月に就任した在沖縄米国総領事館(沖縄県浦添市)のアルフレッド・マグルビー総領事(52)が4日、記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)に配備されるオスプレイについて、安全性を強調し、「日米安全保障条約の下でのアメリカ側の義務がよりよく果たせる」と意義を強調した。

政府は31日、米軍垂直離着陸輸送機オスプレイがモロッコと米フロリダ州で墜落した事故について、人的ミスが原因とする米側調査を原則容認し、9月中旬にも国内の飛行運用を日本政府として認める“安全宣言”を出す方向で調整に入った。日米合同委員会で安全確保策も取りまとめ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の10月初旬の正式配備に向けた作業を本格化させる。

オスプレイの配備される普天間基地って?

普天間の基地ができた頃には、基地の周りには、人も今のように住んで なく、学校もなかったと聞いています。 基地を移転するのに、ミニマム8兆円のお金がかかり、移転先の候補に あげられた市長たちや「住民」は反対を絶叫しています。
移転先の美しい海や自然を破壊から守り、住民に怒りや悲しみをもたらすより、もう普天間にはすでに基地があるのですから、更に又何兆円もかけて移転するより、そのままにして、普天間の周りの危険にさらされたり騒音に悩まされたりしている住民たち、この方たちが転居するというアイデアはいかがでしょうか。

沖縄戦のあった昭和20年(1945年)には、当時の社掌が神体を持って本島南部の糸満へと避難した。戦争終結後は、敷地が米軍により接収されていたことにより、具志川村(現うるま市)に仮の宮を造った。その後、米軍により敷地が解放され、昭和24年(1949年)に元の本殿へと戻った。

本校は明治39年に創立され、平成18年度に創立100周年を迎えた。それを記念して平成19年2月11日に記念式典・祝賀会が挙行された。

1 2