1. まとめトップ

変な日本語がチラチラするヤキソバ・ファンクがカッコよすぎる!

セウ・ジョルジというブラジルの人気ミュージシャンの曲「Japonesa」がなんだか強烈凄すぎるので多くの人に伝えたい!!

更新日: 2015年10月06日

141 お気に入り 58098 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まずは問題の曲をお聴きください。

かっこいい16ビートのファンク・ミュージックですね。
でも、ところどころ引っかかる単語が聞こえませんでしたか…?

では、歌詞を見てみましょう。

Japonesa vou dizer arigatô   
ジャポネーザ、礼を言うよアリガトウ
Eu anteontem comi o seu sushi
おととい君の(君という名の)寿司を食べた
Perdidamente apaixonado estou
俺は血迷ったみたいに君に夢中さ
Eu quero ser o seu amado
君に愛されたい
Quero ser seu tamagochi
君のタマゴッチになりたい

なんすか、君のタマゴッチって。

たまごっち
(でも発音はタマゴッシ)

Me dê carinho
やさしくしてくれ
Dê beijinho
キスしてくれ
Com jeitinho
エッチな感じで
Me prepara a madeira
僕にお酒を少しと木を用意してくれ
Com um pouquinho de saquê
Tô aprendendo a comer de palitinho
箸で食べる練習しているんだ
Vou largar a capoeira
カポエイラをやめて空手をするよ
E praticar o karatê

カポエラやめちゃうんすか。

カラテはブラジルでも人気!

Oh minha gueixa
あぁ 俺の芸者~(オミヤゲって聞こえる)
Sei que eu não posso me queixar
逆らえないのは分かっている
Mas realmente eu fiquei sem dinheiro algum
だけど本当に一文無しになってしまった
Não tenho um real
1レアルすらない
Você também não tem
君もお金がない
Nenhuma moedinha de yen
円硬貨一枚たりとも

何にお金を使った!?

直後のコーラスは"Yen(円) Yen Yen~"

Yakisoba, yakisoba やきそば、やきそば
Tekamaki 鉄火巻き
Yakisoba, yakisoba
Kani かに~
Yakisoba, yakisoba
Tekamaki
Yakisoba
Shoyo (x8) 醤油~

もうこのリフレインに至っては意味不明!!「かに~」の所が無駄にかっこいいし!

ヤキソバと鉄火巻きと蟹を食べ過ぎてお金がなくなったのでしょうか。

ネットの反応

日本人にとっては異様なほどのリズム感の凄さと、日本人にとっては異様なほどの歌詞の卑俗さのギャップから、強烈な中毒性を醸し出す危険な歌だ。

詞はすごいアホ歌なんですが、サウンドはむちゃくちゃイケてます。むっちゃカッコイイんですよ。

ヤキソバ!ヤキソバ!テカマキ!ヤキソバ!ショーユ!
このフレーズが頭の中でぐるぐる回ってしまい、ふとしたときに口ずさんでいる自分がおりますの。

2:47秒辺りから始まる「焼きそば 焼きそば 鉄火巻き 焼きそば 焼きそば」までは大丈夫なんだけど、直後の「カニ~」でどうしても吹くwwwたたみ掛けてくる「醤~油~」もだめwなんてグルーヴ感w

焼きそばってこんなにファンキーな言葉だったんだにゃー。やきそば~やきそば~鉄火巻き~。

ヤキソバ!ヤキソバ!(テッカマキ!)がここまでカッコよくなるとは!この曲神だわー

J-waveがヤキソバヤキソバゆってたから後輩と一緒になってこれ空耳?とかいいながら気になって調べたら。ほんとにヤキソバって言ってた。。

世界の快適音楽セレクションでセウさんのやきそばの歌がかかった後、松村さんが、やきそばと鉄火巻が混在しているカオスなメニューについて、これは居酒屋のメニューだとおっしゃったのがいまだに忘れられない。

ノリノリなライブ映像もあるよ。

本人大マジメに歌っているのがウケますね。

ところで、歌っているセウ・ジョルジって何者?

1971年ブラジル・リオ郊外生まれ。貧民街でアルバイトをしながらミュージシャンを目指す。

18歳で軍隊に入るが、脱走して路上生活者となる。屋外で眠り、皿洗いのアルバイトで暮らし、弟が街のギャングの銃弾に倒れ、とファヴェーラ(リオのスラム、貧民街)の現実を背負いながら、ギター演奏と共に独りで生き延びる術を習得していった。

過酷なバックボーンがあるからこそ、リアルな歌を歌えるのですね。

ファンク系サンバ・バンドのファロファ・カリオカ(Farofa Carioca)の元メンバー

ファロファ・カリオカはブラジリアン・ファンクのカリスマ的バンドです。

新世代ブラジリアン・ソウルのNo.1アーティスト

2012年ロンドンオリンピックの閉会式にも登場してます。アナウンサーからは「オシャレをした男性」で済まされてしまいましたが。

【追記】2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの開会式のフィナーレにも登場し、今回はNHKの生中継でも「歌手 セウ ジョルジ」の字幕が入りました!

俳優としても世界的に活躍している。

"シティ・オブ・ゴッド"が有名。

ちなみに"Japonesa"の作曲はこの人、ガブリエル・モウラ。ファロファ・カリオカの中心人物で、セウ・ジョルジをストリートの貧困から救った恩人なのです。

1 2