1. まとめトップ

中国・台湾、少数民族の綺麗すぎる民族衣装まとめ

中国の民族は漢族と55の「少数民族」に区分されます。その少数民族の綺麗すぎる民族衣装をまとめました。

更新日: 2012年09月06日

pixy2298さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
404 お気に入り 157193 view
お気に入り追加

中国最大のムスリム(イスラム教徒)民族集団である。回族とされる人々は、言語・形質等は漢民族(漢族)と同じだが、イスラム教(イスラーム)を信仰する。

シェ族は福建省における最多の少数民族である。また、浙江省、江西省、広東省、安徽省にも居住している。

モンゴル系民族、中国政府によって認定された55個の少数民族の一つである。日本語ではボーナン族とも表記する。大半がスンニー派イスラム教、一部青海省に住む少数がチベット仏教を信仰する。

主としてユーラシア大陸中央部のチベット高原上に分布するモンゴロイド系の民族。

中国の国籍を所有し、かつ中国戸籍法に基づく戸籍上の民族欄に”朝鮮”と記載(登記)されていることが朝鮮族と見なす条件である。

タイ族は雲南省特有の民族で約115万人が、主にシーサンパンナや徳宏など、南部の大河川である金沙江(長江)、瀾滄江(メコン川)、怒江(サルウィン川)、紅河流域で散らばって暮らしています。

人口はおおよそ二百五十万人程度で貴州省・広西壮族自治区・湖南省の比較的環境のいい山間部から河谷平野部にかけて居住し、とくに貴州省には侗族全人口の過半数の百四十万人近い侗族が住んでいて、近年は観光地としても注目されている。

興安嶺山脈周辺の内モンゴル自治区・黒竜江省などに居住している。

台湾原住民の総称、狭義には台湾原住民のうち漢化(漢人化、漢文化化)しなかった部族の総称

主に雲南省西南部、紅河西側の哀牢山区にある新平、鎮源、墨江、元江、紅河、元陽、緑春、金平、江城などの県に住む。

新疆ウイグル自治区北西部に約130万人が住む。

主に雲南省のシーサンパンナ・タイ族自治州景洪市基諾(ジーヌオ)郷とその近隣の山間部に分布する。

ミャンマーのカチン州、中華人民共和国雲南省に住む民族。

中国の新疆ウイグル自治区などにも数十万人が住

約90%以上が海南島に住む。

雲南省の怒江リス族自治州を中心に同省北部一帯から四川省南部にかけて分布し、雲南北部のデチェン蔵族自治州にも維西リス族自治県がある。

中華人民共和国チベット自治区、山南地区、ニンティ地区やインド北東部の少数民族のひとつ。画像の紹介コメントを入力

雲南省北部を中心に、四川省南部やチベット自治区東部の茫康県にも一部分布する。

主に雲南省に住み、人口は約2万8000人(2000年)。チベット・ビルマ語派のヌー語(怒語)を用いるが、周囲との差が激しく、碧江県、福貢県、蘭坪県などと通じない。独自の文字がなく、ほとんど中国語(漢字)を用いる。

るテュルク系民族で、少数民族の一つである。イスラム教を信仰し、2000年の第5次全国人口普査統計では人口は104,503人

中国領に住むヴォルガ・タタール人

主に湖南省、湖北省、重慶直轄市(旧四川省)の交界地帯に住む

新疆ウイグル自治区やカザフスタン・キルギス・ウズベキスタンなど中央アジアに居住している

中国南部から東南アジア北部の山間部に分布するアウストロアジア語族

新疆ウイグル自治区とアフガニスタンの北部マザーリシャリーフ周辺にもそれぞれ数十万人が住む

ツングース系の少数民族。ヌルハチがその支配する土地を満洲と名乗った当時の、女真族の一支族であるシベ(錫伯)氏族を起源とする人々

中国湖南省から雲南省、東南アジア北部の主に山地に広く住む中国の少数民族

イ族は中国西部の古羌の子孫である。古羌は、チベット族、納西族、羌族の先祖でもあるといわれる。

貴州省西北、西南と北部の遵義市の仁懐・道真・務川、安順市の関嶺・平壩、黔西南の普安・貞豊・晴隆、貴陽市の清鎮、畢節地区の黔西・大方・織金・金沙、六盤水市の六枝・水城などの市県、あと、広西隆林各族自治県と雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広楠、馬関、文山、富寧などの県にもいる

ユグル族は90%以上が甘粛省の粛南ユグル族自治県‎、少数が酒泉市黄泥堡裕固族郷に居住している

1





pixy2298さん

このまとめに参加する