1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

仕事をスピードアップさせるデジタル文具特集5選

仕事の効率をスピードアップさせるためのデジタル文具を5つ集めてみました。ショットノートホワイトボード、iスキャミル、KYBER SmartMaker、monolith plus、memopri MEP-T10の5つです。

更新日: 2012年09月16日

434 お気に入り 63287 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

①もう議事録作成に時間をかける時代は終わりを告げた

ホワイトボーぢに書いたものを、スマートフォンで撮影してデジタル化できる商品。裏面がマグネットなので、スチール製品に貼り付けする事が出来る点も便利だぞ。

②分厚い資料をカバンに入れて持ち運ぶ時代は終わりを告げた

iPadに書類や画像を取り込んでくれる。データはカメラロールに保存されるので、クラウド上にアップすることも可能。

読み込みは、名刺や写真、A4用紙など幅216ミリメートル、送り356ミリメートルまで対応

③手書きで長い文章を書き写す時代に終わりを告げた

資料から抜粋してメモを取りたい!と思った時にとても便利ななのがKYBER SmartMaker。書き写したい部分読みたい部分だけをペンで囲む。それをスマートフォンのカメラで撮影すると数分後にはテキスト化してくれる超便利なペン。

議資料の必要なテキストをデジタル化し、メールで配信したり、 レポート作成や会議の議事録を作成するのにも利用できます

④小さな会議重く大きなプロジェクタを用意する時代に終わりを告げた

モバイルプロジェクターは性能がイマイチと思うかもしれないが、編集部で試したところハッキリと投影できました。

専用アプリの「Show U」を使えばWebサイト/ライブカメラ/Googleマップ/SNSなども投影でき、さらにアプリ「Pointer」を使えば投影した映像へのポインター表示も行える

6インチから推奨最大60インチ(視認可能範囲は最大80インチ)まで明るく鮮明に投影することが可能

⑤いちいち同じ文面の付箋を作る時代に終わりを告げた

手書きメモを印刷してくれる便利な小物。メモを付箋に写す時間短縮にもなり、また登録されている定型文を使えばより時間短縮なる。

特に電話中なんかで片手がふさがっているときに使用するときはとても便利

裏紙のない専用テープは、貼りやすくはがしやいので付箋紙感覚で使用できます

タッチパネル搭載で、付属のタッチペンを使って手書きの文字を入力でき、『MEP-B10』はBluetooth®対応のAndroidTMスマートフォンとの連携も可能

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1