1. まとめトップ

今さら聞けない「ウイルス」と「細菌」の違い

「ウイルス」と「細菌」の違い。ほんとに知ってますか?

更新日: 2012年09月07日

27 お気に入り 213233 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sekidoxさん

細菌とは?

単細胞の微生物

核膜のない原核生物の一群

バクテリアとも呼ばれている

ウイルスより大きく、固い細胞壁を持つ

0.2〜10μm(100万分の1メートル)ぐらい

ウイルスとは?

蛋白質の外壁と内部に核酸(DNA、RNA、つまり遺伝子)を持った単純な構造体である

細胞をもたない

現在でも自然科学は生物・生命の定義を行うことができていない

20-100nm(ナノメートル)→細菌の1/10-1/200程度

「ウイルス」と「細菌」の違い

細菌:自分で増殖する能力を持つ
ウイルス:他の生物を宿主にしないと増殖出来ない

細菌:『抗生物質』が効く
ウイルス:『抗生物質』が効かない

『抗生物質』 は、細菌を攻撃する事が出来る薬である。
『抗生物質』 は、細胞の構造を利用して作用するため、
細胞がないウイルスには効かない。

細菌→『抗生物質』
ウイルス→『ワクチン』

風邪の原因:「細菌」
インフルエンザの原因:「ウイルス」

【○○の違いがわかるまとめ】

1 2