1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

見た目はタンバリン、でも音はドラムセット!?──凄い楽器"パンデイロ"

低音から高音まで多彩な表現力を持つブラジルの打楽器"パンデイロ"の魅力に迫ります。

更新日: 2017年02月19日

323 お気に入り 94286 view
お気に入り追加

パンデイロとは

サンバやボサノヴァ、ショーロなどで用いられるブラジル風のタンバリン

ジングルの響きが控えめで、ヘッドのチューニングが可能

皮の張力を変化させて、音の高さを変えることができる。高音、中音、低音の3要素を持つことにより様々なリズムの表現が可能

カホンのようにドラムセットを演奏しているフィーリングとリンクさせることも可能

オープンショットやミュート奏法などを組合わせ低音から高音まで打楽器の音ならほとんどカバーできる面白い打楽器

ジングル(鈴)は、タンバリンと重ね合わせる向きが逆。

無限の音楽的可能性と、ドラムセットを凝縮したようなサウンドのインパクトは今もなお多くのリズムマニア達の心を捉えて離しません。

「タンバリンなんか持ってどうしたの?」と聞くおれに、彼はニヤリと笑って、唐突に叩きだした。その音に心の底からびっくりした。
まるでフルセットのドラムだった。
見た目はまるっきりちびっこの頃に遊んだタンバリンなのに、音はドラムの音だった。

パンデイロを知った人たちの反応

以前ブラジルなBARでパンデイロの叩き方を指導されたけどリズムの取り方が違いすぎて訳が分からなかった。

@yu_koro パンデイロの教則本を書かれている日本の方の演奏を何度か聴きましたが、すっごく面白かったです。シンプルなのにさまざまな音色が飛び出てきてすごいエンターテイメントを見たと思いました!

おはようございます。楽曲レポートを書く関係でパンデイロを調べていたところ、動画を発見して見入ってしまいました。これは楽しい!いつか、やってみたい気もするけど…相当長く楽しめちゃうなこれ(笑) はまるときは集中できる環境を整えてかかりたい! いく

いろいろな演奏方法

モダン奏法のカリスマ、マルコス・スザーノの演奏。低音が凄い迫力!

同じくマルコス・スザーノの超絶ソロ。

ダラブッカのような奏法(0'35~)

日本人奏者

パンデイロが買えるお店

最近は一般の楽器店やネット通販で比較的容易に入手が可能ですが、実際に多数のメーカーの楽器を取り扱うお店に行って比べてから購入するのがおすすめです。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!