1. まとめトップ

ダグラス・マッカーサーの甥が送った『竹島は日本領、拿捕した船員を解放せよ』の機密電文が発見される

在日本アメリカ合衆国大使の公電で、「竹島は韓国の不法占拠」と明言。

更新日: 2013年12月10日

6 お気に入り 28728 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1960­年の電報

その電報はダグラス・マッカーサー連合国司令官の甥である当時の駐日米国大使ダグラス・マッカーサー大使より米国国務省に送った電文だった。
この電文は、「秘密文書扱い」とされていたために公開されていなかったが、時期は定かでは無いが、「機密解除」されたと記されてる。

米国政府の機関­である国立公文書館に確認してもらったところ、間違いなく本物であると言う事が確認でき、8月23日にテキサス親父日本事務局のスタッフブログ上で公開するに至った。

1.竹島は日本の領土である
2.韓国が違法占拠している
3.「独島」なる文字はどこにも無い
4.李承晩が狂気の振る舞いをしており米国が手を焼いている事実
5.李承晩が政権に居る以上まともな外交交渉ができない
6.李承晩の野蛮な振る舞い
7.日本の漁船を公海上で拿捕している
(その数は合計で300隻程度と言われており自らの漁船として使うための事実上の海賊行為)
8.日本人の漁師を人質として取り人質外交を行っていた (テロ行為に等しい)
9.米国は李承晩以後の新政権に期待していた

拿捕した船員を人質にとり、日韓基本条約の交渉を有利にすすめた

ダグラス・マッカーサー2世(Douglas MacArthur II、1908年7月5日 - 1997年11月15日)はアメリカ合衆国の外交官。連合国最高司令官として知られているダグラス・マッカーサーの甥。1957年1月から1961年3月まで駐日アメリカ大使を務めた。

1