1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

関東連合元リーダーこと石本太一を詐欺容疑で逮捕―海老蔵事件後二度目

海老蔵暴行事件で一躍有名になった関東連合元リーダーこと石元太一さんが詐欺容疑で逮捕されました。映画主演デビューが決定していた元リーダーに何が起きたのか簡単にまとめました。

更新日: 2013年11月04日

29 お気に入り 244173 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yamadayamaさん

他人名義でマンションを借りたとして、警視庁は8日、暴走族グループ「関東連合」の元リーダー、石元太一容疑者(30)(東京都港区南麻布)と、住所不定、職業不詳加藤尚弘容疑者(45)を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。

2人は昨年8月、東京都港区南麻布のマンションを借りる際、石元容疑者が住居で使うことを不動産管理会社に隠し、加藤容疑者の名義で賃貸借契約を結んだ疑い。2人は面識がなく、都内の不動産業者の仲介で名義を借りたという。

逮捕容疑について「自分が有名になり、入居契約の審査が通らなくなった」と話しているという。

振込め詐欺にも関与か

また、警視庁は7日、振り込め詐欺の疑いで石元容疑者の知人の男2人も逮捕しており、石元容疑者が関わっていなかったか調べている。

藤田容疑者らは2010年1~3月、うそのパチンコ必勝法を教えるとして、大阪市の女性(25)から約136万円をだまし取った疑いで逮捕された。

藤田容疑者らは、だまし取った金額など詐欺の報告とみられるメールを、石元容疑者に連日送信。同隊は同容疑者が指示役だったとみている。被害は10年3月までの7カ月間で、174人、約5800万円に上るという。

昨年には傷害で逮捕

東京・歌舞伎町の路上で知人男性を殴ったとして、警視庁新宿署は傷害の疑いで、職業、住所不詳の石元太一容疑者(29)ら2人を逮捕した。

逮捕容疑は4月8日午前2時ごろ、東京都新宿区歌舞伎町の路上で、男性会社員(28)に因縁をつけ暴行し、頭部に打撲を負わせたとしている。

元リーダーとは何者なのか

元リーダーこと石元太一さん。自叙伝によると父親の石元正弘さんは石元会初代組長で、
父親の兄弟は全員暴力団組員というアウトロー一族。叔父は「殺しの軍団」柳川組に所属していた。石元さんの父親は三代目山口組の最高幹部だった菅谷政雄組長や、柳川組二代目の谷川康太郎(康東華)組長とも懇意にしていたという。

※「YAKUZA Wiki」によると石元会は東京都台東区に本拠を置く暴力団で、指定暴力団・六代目山口組の三次団体。上部団体は二代目古川組。

石元さん本人も16歳から関東連合系の暴走族「千歳台ブラックエンペラー」の総長に。
暴走族の現役時代には金属バットや包丁を使った抗争を繰り広げており、自叙伝では東洋ボール人違い殺人事件に関わったことを告白している。

暴走族引退後はITや芸能関係の仕事に就き、現在は「EXCITING GYM SOUL MATE ALLIANCE」を経営しつつ、芸能活動にも進出している。

「フライデー」2012年9月28日号に石元さんの破門状が掲載された。親族だけではなく石元さん本人も暴力団組員だった事がある模様。破門状には「住吉会」と書かれている。

様々な著名人と交流があり、経営するジムでは山本KID選手等の一流格闘家が指導を行い、
ブログには元プロ野球選手の清原和博さんや元横綱千代の富士こと九重親方、元UFCチャンピオン等が登場している。

<自叙伝不良録>
海老蔵事件で渦中の人物になった石元太一氏が、関東連合の実態と自身のすべてを語る。暴走族として活動し、トーヨーボウル事件で特別少年院入りした10代。また、芸能人との交友、海老蔵事件の真相、上原美優との関係まで、ベールに包まれていた謎が明らかに。

関東連合

市川海老蔵暴行事件や朝青龍暴行事件でお茶の間でも知られるようになった暴走族グループ。
石元さんの自叙伝や時事通信の報道によると既に解散しており、今ではメンバー間の交流があるだけだという。

元関東連合の松嶋重(松嶋クロス)さんによると、現役時代には「髪型は坊主かニグロパンチ、ニグロの奴は3週間に一度パンチをかけなきゃいけないとか。スラックスはノータック、革靴は白か黒とか。暴走族以外と遊んじゃいけないとか、高校に行っちゃいけないとか、彼女作るのは禁止」といった様々な規則があり、毎晩五日市街道と青梅街道で他の不良を潰すため検問を張っていたという。

関連サイト

1 2