1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

【一瞬「ん?」となるけどすぐナルホドに変わる】 名古屋栄の専門店街ラシックの広告がうまい!!

東海地方の方にはユニークな広告でも知られるラシック。最初は何気なく通り過ぎたあの広告も、よく見てみると、ナルホドと思わせる工夫がちりばめられています。

更新日: 2012年09月14日

216 お気に入り 80966 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zeiseiさん

私らしく、「ラシック(LACHIC)」

正式名称は名古屋三越栄店専門店館「ラシック」。

「ラシック」とは、「自分らしく」という言葉からの造語である。

洋服などの専門店街が並ぶ。

バーゲンの名前は「ジュラシックセール」!

いきなり「ジュラシックパーク」のダジャレ・・・。

なんでバーゲンの広告が「氷」なの?

「虎年」だからこうなった。

どんなにくだらないダジャレでも真剣に形にする姿勢

「おい、あれ見ろ、牛だ。カウだ」

「…カウ…カウ!?」

「買うぞう!」

「どうぞう!」

出典yaplog.jp

「待ちに待ってたジュラシックセール」

「いつもより、はしゃいじゃうよーーーー!!」

「どうぞう!」

シンプルな広告の中に隠れた遊び心

欲しいものは仕方がない。

名古屋城から来ちゃいました。

サンタさんが、いないなんて言っているうちは、まだまだ、こども

周年広告はダジャレでがっつり攻めます。

「私らしく」というコンセプト

広告の「?」マークには、“ラシックは、いろいろな発見ができる店”という「?」、“お客様がラシックで今までと違う自分を発見する”という「?」、等の意味を込めています。何回来ても新しい発見がある、その様な店づくりを目指しております。

1 2