1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

インターネット通販市場は拡大を続けているが、消費者が配達時にどのような方法で荷物を受け取るかということは万国共通の悩みのようだ。日本では、不在時の再配達に伴うコストが宅配会社へのしわ寄せとなっていることから、宅配会社は新たな料金体系を導入したり、受取人としては宅配ボックスを導入したりという、これまでにない変化が出て来たのは今年のECにまつわる大きな話題といえよう

アメリカ国内の今年の閉店数が12,000店以上に上るとの見方を示している。消費構造の変化により昨年は50社ほどのチェーンストアが倒産や企業清算に追い込まれ、約9,000店が閉鎖となった。家電チェーンのhhグレッグやディスカウント・シューズチェーンのペイレス・ショーソースなど倒産となったチェーンストアは大量閉店を行う。リアル店からネットで買い物をする消費者がさらに増えることで今年の閉店数は、昨年に比べて30%以上も増えるとクッシュマン&ウェイクフィールドは予想しているのだ。ウォルグリーンやGAP、ジンボリーなど大量スクラップの予定を発表しているチェーンストアもある。これらのチェーンに加えてシアーズやトイザラス、Jクルーなど大手チェーンストアによる大量閉店が予想されている。

核テナントの撤退はモールの存亡にかかわるのだ。一方で、ダラーゼネラルやダラーツリー、アルディ、リドル、ロスストア、TJXなど店舗数を積極的に増やしているところもある。リアル店舗が消滅することはないが、アマゾンの影響から逃れられないリアル店舗は苦境を受け続けるのだ。 スポーツ用品チェーン最大手のディックス・スポーティング・グッズCEOは昨年8月、「(アマゾン・エフェクトにより)小売業界はパニック状態にある」と訴えていた。昨年以上となる大量閉店でチェーンストアの多くが今年、混乱

先日、ネット通販最大手「アマゾン」が、アメリカの高級スーパー「ホールフーズ」を1.5兆円で買収することを発表しました。これにより、アマゾンは2001年に倒産した「ウェブバン」以降、誰も手を出そうとしなかった生鮮食料品のオンライン販売に乗り出すことになります。Windows95の設計に携わった世界的プログラマーの中島聡さんはメルマガ『週刊 Life is beautiful』で、この一件に関連して自身が4年前に出した「アマゾンに関する予測」が現実になりつつあると記しています。

米小売り大手の米ウォルマート・ストアーズが17日発表した2017年5~7月期決算は、純利益が前年同期比23%減の28億9900万ドル(約3200億円)だった。17日の株価は前日比2%下落した。足元の業績以上に市場が不安視しているのがアマゾン・ドット・コムの存在。直接の影響を強く受ける小売りはもちろん、アマゾンが進出する業界には強い逆風が吹き荒れる。まさに「パニック」といっていい状況だ。 ウォルマ… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけ ...

1 2