1. まとめトップ

【美容・健康】に効果的な【おいしいハーブティー20】詳しいまとめ

女性の味方、【美容・健康・ストレス対策】などに良い、イロイロな効果を発揮してくれるハーブティー。その効果や味、マメ知識などをわかりやすく紹介☆どれも飲みやすく、ティーバッグでカンタンに作ることができるのでオススメです。

更新日: 2012年09月13日

Avant-gardeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
292 お気に入り 20205 view
お気に入り追加

【効果・作用】
・ビタミンCを多く補給できる
・ビタミンP・C・Eの相乗効果で美肌効果
(P:ビタミンCの保護、働きを高める)
(C:コラーゲン生成、ビタミンEの再生で代謝促進)
(E:過酸化脂質の悪影響を防ぐ)
・抗炎症作用
・アレルギーの改善

【香り・味】
リンゴの香りによく似ていて、酸味がありあっさりしている

☆マメ知識
ローズヒップに含まれるビタミンCは酵素などの働きにより熱で壊れにくく、熱いお茶で摂取しても効果があり、体内で吸収されやすい。

http://astore.amazon.co.jp/harbharb-22?_encoding=UTF8&node=0

【効果・作用】
・不眠解消・リラックス効果
・抗炎症作用
・アレルギーの改善
・心と神経系統を鎮静・抗うつ効果

【香り・味】
リンゴの香りによく似ていて、あっさりしている

☆マメ知識
古代エジプト人はカモミールを怒りの鎮静に用いていた。
その教えから、今でも気持ちを落ち着かせる為に飲む紅茶。

http://astore.amazon.co.jp/harbharb-22?_encoding=UTF8&node=33

【効果・作用】
・クエン酸が疲労回復を助ける
・のどの炎症を抑える
・カリウム豊富なので利尿作用がある
・むくみ、二日酔いに効果的

【香り・味】
かなり酸味があり、酸っぱい。酸味がニガテな人は他ハーブとのブレンドが良い

☆マメ知識
クレオパトラが若さと美貌を保つ為に愛飲していたと言われているハーブティー

【効果・作用】
・消化を助け、胃腸の炎症を鎮める
・血行、発汗を促進
・殺菌作用があり、風邪の初期症状に効果的

【香り・味】
レモンの香り。味はまろやかな酸味がある。

☆マメ知識
インドでは数千年前より、感染症や熱病に効く薬草として利用されてきた。

【効果・作用】
・ビタミンCが豊富なので美容で人気
・女性ホルモンの調整作用
・気分を落ち着かせる
・抗ウイルス・抗菌効果

【香り・味】
香りが良く、飲みやすい

【効果・作用】
・脳の働きを活性化し、記憶力・集中力を高める
・抗酸化作用
・血行促進

【香り・味】
目が覚めるような刺激的な香りと味

☆マメ知識
「若返りの水」という別名を持っているハーブ

【効果・作用】
・鎮静作用によりリラックス効果
・沈んだ気分を緩和
・不眠の緩和
・整腸、健胃

【香り・味】
フルーティーな香りで甘酸っぱい味わい

☆マメ知識
七味唐辛子の原材料名にある「陳皮(ちんぴ)」とは、オレンジピールのこと

【効果・作用】
・鎮静作用によりリラックス効果
・鼻づまりや咳を鎮静
・乗り物酔い等での吐き気の緩和
・胸やけを抑える


【香り・味】
清涼感のある爽やかな香りとスッキリした味

http://astore.amazon.co.jp/harbharb-22?_encoding=UTF8&node=36

【効果・作用】
・子宮と骨盤の筋肉強化
・生理痛の緩和
・粘膜の炎症を鎮静

【香り・味】
少し酸味のある香りと、爽やかな甘さ

☆マメ知識
産後に飲む事で、母体の回復を早めるとされている

出典ameblo.jp

【効果・作用】
・花粉症、アレルギー症状緩和
・血行促進
・尿量を増加させ残尿の減少

【香り・味】
懐かしいような優しい草の香り。殆ど無味

☆マメ知識
空腹時に飲むとより効果があり、ミネラルも豊富なので疲れた時にもオススメ

【効果・作用】
・体内の余分な水分を排出
・血液の循環を良くし、身体を温める
・妊娠中のつわり緩和


【香り・味】
少し辛味があるスパイシーな味と香り

【効果・作用】
・気管支炎の炎症を緩和
・膀胱炎の緩和
・腸内バランスを整える

【香り・味】
香ばしくてほろ苦く、まろやかなコーヒーのような味わい

☆マメ知識
コーヒーの代用品や原料にもなっているが、カフェインはいっさい含んでいない

出典ameblo.jp

【効果・作用】
・胃酸の分泌をおさえ粘膜の保護
・胃炎、消化不良の改善
・ストレスからの興奮を鎮静
・のどの傷みの緩和


【香り・味】
後味に飴のような甘さが残る不思議な味わい

☆マメ知識
エストロゲンに似た成分が含まれているので、更年期障害などの緩和にも活用されている

【効果・作用】
・脂肪分解促進作用
・リラックス効果
・殺菌、解毒作用

【香り・味】
柔らかく落ち着く香りで飲みやすい

☆マメ知識
脂肪分解促進作用を利用し、食事中に飲むと肥満防止効果も期待できる。沖縄ではさんぴん茶と呼びます。

【効果・作用】
・神経系の強壮作用があり、鬱の改善
・不安、更年期障害の緩和
・ストレス解消効果
・不眠の改善


【香り・味】
爽やかな甘い香りで、クセがなく飲みやすい

☆マメ知識
「ハッピーハーブ」という俗称を持ち、気分を向上させるサプリメントとしても多く利用されている

【効果・作用】
・血行促進
・血糖値を下げる
・胃腸の調子を整える

【香り・味】
甘みがあるスパイシーな香りと味

☆マメ知識
シナモンのスティックを1日1本食べると、血糖値が下がる効果があると注目されている

【効果・作用】
・咳や痰の緩和
・消炎作用
・粘膜の保護と緩和

【香り・味】
花のやわらかい香りで飲みやすい味

☆マメ知識
レモンを入れると、ブルーから鮮やかなピンクに変色する

【効果・作用】
・解熱、発汗作用があり風邪ひき始めに効果的
・肝臓の働きを助ける
・フラボノイドの働きが口臭予防となる

【香り・味】
草原のような香り。クセがなく味が薄め。

【効果・作用】
・精神の安定
・月経痛の緩和
・不眠の改善

【香り・味】
クセがなく飲みやすい香りと味

☆マメ知識
緊張を和らげ眠りを誘うハーブとして、北米住民の間では伝統的に使われてきた

【効果・作用】
・デトックス(毒素排出)作用
・肝臓強壮
・鉄分が豊富なので貧血の改善


【香り・味】
スパイシーな香りで味が殆どないが、後味が少し苦め

1





Avant-gardeさん

はじめたばかりなのですが、一生懸命作成していくのでヨロシクおねがいします☆★☆

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう