出典 rekishi.shigabunka.net

①事故説

子供たちはある事故で死んだ(ポッペンブルク山で事故死/ヴェーザー川で溺死など)とする説。

1284年6月26日は、“ヨハネとパウロの日”という夏至祭りの日にあたり、ハーメルンではこの祭りの日の夜に、ポッペンブルク山に“夏至の火”を灯す習慣があった。

この山の地形を見ると切りたった崖があり、そのちょうど真下が幅が150メートルもある底なし沼になっていた。そこから一つの推測が成り立つという。

『子供たちは大人の真似をして山に火を灯そうと自分たちだけで山に向かうが、夜道を行列になって歩いている時、崖から足をすべらせて、次々に底なし沼に転落して死んでしまった』

この情報が含まれているまとめはこちら

実際にあった不思議な事件『ハーメルンの笛吹き男』~子どもが消えた原因とされる4つの説

ハーメルンの笛吹き男(パイドパイパー、独:Rattenfänger von Hameln)はグリム兄弟を含む複数の作者によって記録された民間伝承である。この伝承は、おおよそ1284年6 月26日に生じたと推定される、ドイツの街ハーメルンの災厄について伝えている。

このまとめを見る