出典 furutaniaoi.blog36.fc2.com

②伝染病説

子供たちは何らかの伝染病にかかり、ハーメルンの他の住民に感染しないように町から誘い出され、別の場所に隔離されたとする説。
(以前ペストが流行した時の対応と似ているため)

また「子供たちは踊りながら」という箇所について、ハンチントン舞踏病ではないかともいわれている。

舞踏病の集団発生は、ヨーロッパの幾つかの村でペストによる苦難の期間以降に遍く記録された共同体内での舞踏性躁病の発生の一例を連想させるともいわれており、別の作家が書いた日付1376年という説と一致している。

これらの説では、笛吹き男は死神の象徴として描かれていると解釈されている。

この情報が含まれているまとめはこちら

実際にあった不思議な事件『ハーメルンの笛吹き男』~子どもが消えた原因とされる4つの説

ハーメルンの笛吹き男(パイドパイパー、独:Rattenfänger von Hameln)はグリム兄弟を含む複数の作者によって記録された民間伝承である。この伝承は、おおよそ1284年6 月26日に生じたと推定される、ドイツの街ハーメルンの災厄について伝えている。

このまとめを見る