出典 makunosukefc2.blog53.fc2.com

③少年十字軍説

巡礼または少年十字軍運動のようなもので、子供たちが集団で町から出ていったが、それ以来二度と両親の元へ戻らなかったとする説。

これらの説では、名前の出てこない笛吹き男は、運動のリーダーか新兵徴募官であったと解釈されている。

この情報が含まれているまとめはこちら

実際にあった不思議な事件『ハーメルンの笛吹き男』~子どもが消えた原因とされる4つの説

ハーメルンの笛吹き男(パイドパイパー、独:Rattenfänger von Hameln)はグリム兄弟を含む複数の作者によって記録された民間伝承である。この伝承は、おおよそ1284年6 月26日に生じたと推定される、ドイツの街ハーメルンの災厄について伝えている。

このまとめを見る