現代の学者たちは、1番目の事故死説と4番目の植民説がもっとも可能性が高いと考えている。

出典ハーメルンの笛吹き男/童話になった不思議な事件

http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/43/f9/aquarius1969newage/folder/963596/img_963596_53778861_0?1247048925

1番目は日付と風習、地形が合うことなどから支持されており、4番目は13世紀に活発だった東ヨーロッパ植民活動が考えられ、笛吹き男として描かれているのは徴募者で、ハーメルンの若い世代の大部分を、遠いドイツ東方の土地への植民として募りに来たとしたものだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実際にあった不思議な事件『ハーメルンの笛吹き男』~子どもが消えた原因とされる4つの説

ハーメルンの笛吹き男(パイドパイパー、独:Rattenfänger von Hameln)はグリム兄弟を含む複数の作者によって記録された民間伝承である。この伝承は、おおよそ1284年6 月26日に生じたと推定される、ドイツの街ハーメルンの災厄について伝えている。

このまとめを見る