1284年、ヨハネとパウロの日
6月の26日
あらゆる色で着飾った笛吹き男に
130人のハーメルン生まれの子供らが誘い出され
丘の近くの処刑場でいなくなった

出典ハーメルンの笛吹き男/童話になった不思議な事件

http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/3e/7b/bonchang_sh05/folder/1204125/img_1204125_36423161_0?1330223093

ハーメルンで発見され1602年の碑文です。

ここに記されている『丘』は、ハーメルンの市を囲む幾つかの丘の一つであるかのように思われます。
しかしながら、果たしてどの丘がこの詩の作者によって意図されたのかは、未だ不明なままです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実際にあった不思議な事件『ハーメルンの笛吹き男』~子どもが消えた原因とされる4つの説

ハーメルンの笛吹き男(パイドパイパー、独:Rattenfänger von Hameln)はグリム兄弟を含む複数の作者によって記録された民間伝承である。この伝承は、おおよそ1284年6 月26日に生じたと推定される、ドイツの街ハーメルンの災厄について伝えている。

このまとめを見る