「相手の前提知識」だけではなく、「相手が理解できる言葉」を知る

出典【説明スキル】『学校で教えてくれない「分かりやすい説明」のルール』木暮太一:マインドマップ的読書感想文

「相手の理解できる言葉」で話しましょう。

たとえば、お年寄りに、ハードディスクレコーダーの良さを説明するなら「2TBの大容量で、コンテンツを大量に保存できる」というよりも「1000時間もテレビが録画できるんですよ」と言った方がわかりやすいですよね。

相手の持っている、相手に響く、簡単な語彙を使ってください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

説明がうまいなと思わせる人の7つの共通点

自分の言いたいことがなかなか相手に伝わらず、困っていませんか?自分の伝えたいことを説明する力はどんな職業でも重要です。そこで、説明の達人たちの説明の秘訣をまとめてご紹介します。説明上手になる方法を意識して話せば、あなたの話がもっと相手に伝わるようになります。

このまとめを見る