・説明しようとしていることを要素に分解する
 ・各要素の役割を明確にする
 ・各要素間の関係を明確にする(時間軸、依存関係、対応関係など)

出典シゴタノ! 分かりやすい説明をするために

箇条書きで話の要素を書き出したら、各要素の関係をメモに書き込みましょう。

具体的には、「結論」「理由」「具体例」「補足」のように、箇条書きした要素に役割をつける。箇条書きした内容に、番号をふり、話す順番を決めることです。

メッセージの役割、どの順番で話すかを考えれば、よりわかりやすい話が構築できるでしょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

説明がうまいなと思わせる人の7つの共通点

自分の言いたいことがなかなか相手に伝わらず、困っていませんか?自分の伝えたいことを説明する力はどんな職業でも重要です。そこで、説明の達人たちの説明の秘訣をまとめてご紹介します。説明上手になる方法を意識して話せば、あなたの話がもっと相手に伝わるようになります。

このまとめを見る