1. まとめトップ

ひとりで飲みたい時もある…そんなときに流れていたらいいなと思える曲は?

仕事や家庭、恋人、友人などの人間関係から離れふとひとりで飲みたいときときがあります。そんなときにBGMとして流れてくる曲がこんな曲でしたらどうでしょう?(イメージは居酒屋カウンター)※随時曲は追加していきます。

更新日: 2017年02月23日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 1545 view
お気に入り追加

■迷惑でしょうが とんねるず  87年4月発売

イントロや間奏における石橋貴明の「前略・・・」から始まる語りは、萩原健一主演のドラマ『前略おふくろ様』を彷彿とさせるものになっている。
アルバム「キャニオン初」からのシングルカットであるが、シングル化に際し改めて録音をし直し、正統派バラードに仕上げた。

八代亜紀さん曲がこれほど胸にしみるとおもったことはない?
お酒がこれほどかっこいものだと知らされた曲

■浅草キッド  ビートたけし

ツービートがまだ浅草フランス座で売れない芸人だった頃を回想して書いたこの曲。

下町の風景が目に浮かびます。売れない時代の回想ながら、そんな時代もすばらしかったといえる心情が伝わり胸にぐっとくる曲。一人で避け飲んでこの曲聴いて何度泣いたことか…

■酒よ   吉幾三      88年9月発売

1989年度のJASRAC賞で金賞を受賞しているほか、吉幾三はこの曲のヒットにより1988年の全日本有線放送大賞グランプリを受賞している。吉幾三としては『雪國』に次ぐヒット作であり、この曲で名実共に一流演歌歌手としての地位を確立した。

演歌もいいと再認識した曲。手酌しながら飲む酒にあこがれたものです。

1





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど