1. まとめトップ

避妊以外にメリットが!?ピルのメリット

避妊薬として有名なピルですが、避妊以外にも、生理前のイライラを解消したり、様々なメリットが多いピル。しかし、世界的にみると日本ではまだまだ女性の間に浸透していないようです。そんなピルまとめです。

更新日: 2012年09月11日

mikokororoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 13043 view
お気に入り追加

ピルのメリット

* 避妊効果

* 月経周期の調整

* 生理痛の緩和
* 月経血量の減少

* ニキビ・多毛症の改善

避妊はもちろん、生理に関連する様々なメリットがありますし、次のように医学的にもメリットがあります

* がん・腫瘍の予防

* 炎症等の症状の改善・予防

デメリットは?

ピルを飲み始めると、つわり様症状(軽度の吐き気、乳房の張りなど)や月経と月経の間に出血(不正性器出血)がみられることがあります。軽度のものであれば、2~3ヶ月(2~3シート)飲み続けることによって治まります。

しかし、ひどい場合、なかなか治まらない場合など、ピルの種類を変えることによって治まることもありますし、それ以外の原因がある場合もあります。おかしいなと思う場合は、ピルを処方した医師に相談してみてください。

ピルはどこで手に入るのか?

日本では婦人科・産婦人科で処方してもらう事ができます。
処方してもらう理由は様々ですが、避妊、生理の周期の安定、重い生理痛の緩和、ニキビ・肌荒れの改善などの悩みを解決するために処方してもらえるでしょう。
ピルを処方してもらう前には婦人科の検査もすることになります。
婦人科の検診は定期的に受けて、悩みを相談できる先生を見つけておくと安心ですね。

いくらくらいかかるの?

残念ながらピルの処方は保険がききません。
初回の検査等を含めると診察で1万円前後かかりますが
ピル自体は1ヶ月分で2000円〜3000円ほどです。
値段は医院によって異なりますので、事前に確認しましょう。

アフターピルはやっぱり高いの?

健康保険がきかない自費診療だから、病院によってまちまちです。
 5,000~10,000円の病院が多いみたいですが、
 洗浄料や超音波検査などと合わせて、2~3万円もかかる病院もあるそうです。

まとめ

ピルは、勿論デメリットもありますが、メリットも多く使いこなせば心強い味方になってくれますね。女性としてはホルモンバランスを整えてくれる働きが大きいです。

オススメ✪

1





美容やダイエットなどの記事を書きます(o'ω'o)