古舘
「いきなり国有化となったことで中国を刺激する、という論は分かるんですよね。ただ、東京都を間に挟んで、石原都知事を挟むことによって、むしろ中国がフッと緩和されるということが、まだ分からない私には。

石原
「いや緩和するかどうかじゃなくて、政府は人のせいにできるじゃないですか。都知事のせいに。外交ってそんなもんですよ。正面からね、ああでもないこうでもない。だって中国に何にも言ってないでしょ。これからこういうプロセスで国有化させていただきますって。言ってないのこれは。パイプがないんだから。

古舘
「ただ国有化しましたね、今日。そこにはいろんなプロセスがあってご不満あるでしょうけども、この前提にのっとって今後どうしますか。この尖閣をどういう風にやっていきますか。

石原
「そりゃ日本の領土なんだから。国が、そこで暮らす漁民のために、あるいは公海を航海する船のために、あの辺の島をですよ、しっかりと領土を保全して、守って、平和利用してけばいいじゃないですか。

古舘
「きちっと守って平和利用とやった時に中国がどういう風に攻めてくるか。仮に攻めてきた時の対策は。

石原
「攻めてきませんよー。誰も住んでないんだから。

古舘
「来ないと言い切れますか

石原
「それはもちろん周りには来ますよ。あそこはいい漁場ですから。中国や台湾の漁船ってのはだいたい、10t、20t、30t、100tくらいの船も来て、日本の漁民は5tとか10tのちっちゃい船で行ってるんです。石垣島から160kmもある、そこに行ってるわけですよ。漁をしてるってのはおんなじで。もちろん日本の領海の中に入ってきたら困りますよ。Ezまでですよ。Ezの外ですか。中間線というものがあるそうですから。しかし、嵐があったときに、あそこの灯台なんかちっちゃなもんですよね、島の片側にしかなくて。で、専門家が見たら、一番東のところに灯台をつければ、すべての船の運行の安全が保てられる。そうであるならば、航海の安全のために灯台を作ればいいじゃないですか。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

報道ステーション(2012.9.11)全文書き起こし「自民総裁選 候補者に聞く」石原伸晃氏生出演

2012年9月11日 テレビ朝日「報道ステーション」「自民総裁選 候補者に聞く」石原伸晃氏出演シーンの全文書き起こし

このまとめを見る