1. まとめトップ
  2. 雑学

意外と知らないApple歴代CEOと、その功績

Appleの歴代CEOは全部で7人。あなたは何人答えられる?

更新日: 2013年03月31日

soki822さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
92 お気に入り 148438 view
お気に入り追加

初代CEO マイケル・スコット(1977〜1981)

Apple法人化に伴って、
他社から連れてきた初代CEO。
Appleの組織化のために社員番号制を導入するなど
初期Appleの基を作った。

「部下」としてのジョブズとウォズを
語ることのできる数少ない人物

マイケル・スコットについて

AppleⅡの堅苦しい印象を与えないために角を丸くしようとした。
その丸みをどのようにするかで彼らは何週間も議論していたよ。
そうした執着がスティーブのスティーブたる所以だが、
同時に弱みでもあった。
彼は製品のディテールには非常に注意を払ったが、
人に対してはそうではなかったんだ。

マイケル・スコットが語ったスティーブ・ジョブズについて

1977年、Apple法人化後に発売されたAppleⅡ

2代目CEO マイク・マークラ(1981〜1983)

ジョブズ、ウォズアニクに続く3番目のApple社員。
Apple設立時は、ジョブズらの後ろ盾として、
またApple設立時から20年間、
CEO含めたAppleの重役にあり
Appleにおける貢献と功績は大きい。

Appleの共同創業者スティーブ・ウォズニアックは、
自分が単独で最初の2つのコンピューターを構築したという
事実にもかかわらず、Appleの成功は
自分以上にマークラのおかげだと考えている

ジョブズとのツーショット

3代目CEO ジョン・スカリー(1983〜1993)

ジョブズの有名なあの言葉とともに
ペプシコーラからAppleのCEOに。

ジョブズ追放ばかりが取り上げられるが
MacBookの前身である「PowerBook」や、
iPhone、iPadの元となったと言われる
「Newton」など様々な製品を発売した。

Appleにとっての最大のミスは自分をCEOとして迎えたこと

Apple退社して、ここ10年くらいずっとこの調子です・・・

「Intelプラットフォームを採用しなかったことは、私が犯した最大のミスの一つだろう

「コンピュータのことがわからない」と言っていたそうです

私をCEOとして迎えるよりも、
彼(ジョブズ)がCEOになるためにはどうしたらいいか考えよう。
君は君の得意分野に専念して、彼は彼の得意なことを、
そうやってやろう。...役員がそう言っていたら、
状況はもっと良い物になっていただろうと思います。

有名な3ショット
(左:ジョブズ、中央:スカリー、左:ウォズアニク)

初代Macintosh(1984年発売)

iPhone、iPadの元となったとも言われる
PDA端末「Newton」(1992年)

4代目CEO マイケル・スピンドラー(1993〜1996)

おそらくApple歴代CEO史上最も影が薄いCEO
主な功績(?)はAppleの買収交渉・・・など

1993年にスカリーの後任としてCEOに就任した
スピンドラーの仕事は、アップル本社を高く売ることだったとも
言われている。

5代目CEO ギル・アメリオ(1996〜1997)

Apple買収交渉の最中、CEOになった

ジョブズをAppleに復帰させたが
結果的に自身は解雇に
しかし、今となってはCEO時代の
ジョブズ復帰の決断を評価する意見あり

6代目CEO スティーブ・ジョブズ(1997〜2011)

言わずと知れたスティーブ・ジョブズ

Apple創業から20年経って
初めてAppleCEOに
(正式には2000年からCEOとなる)

彼の偉業はわれわれの生活を変え、あらゆる産業を再定義し、
そして人類の歴史においても比類なくまれな偉業をなしとげた。
わたしたちそれぞれの世界の見方を変えたのだ。

ジョブズ死去に際して、オバマ大統領が出した声明

1 2





soki822さん

このまとめに参加する