出典 lavistachurchofchrist.org

サムエル記

サムエルは宗教的指導者(祭司)かつ政治的民族指導者(士師)として活躍した。

晩年になって民が王政を望むと、サムエルはその非を説いたが、聞き入れられず、サウルを初めての王として建てた。

イスラエルはサウル王のもとで団結し、周囲の民族と戦ったが、最終的に神を背いたので、

サムエルは密かに美青年ダビデを次の王に仕立て上げることにした。

この情報が含まれているまとめはこちら

もっとちゃんと知りたい!美しい絵画でおさらい【旧約聖書】

創世記やノアの方舟、モーセの十戒などは有名だけど、旧約聖書の流れは意外と知られていない。現代の様々な政治問題や国際問題の原点とも言える旧約聖書物語、多くの図版を使ってやさしく、わかりやすく再学習!

このまとめを見る