「イスラエル」という名前は「神と戦うもの」という意味

「イスラ」には「戦う」という意味があり、
また「エル」は「神」という意味なので、これで「神が戦う」とか、
「神が支配する」といった意味にも解釈されているようです。


これは、ヤコブが暗闇の中で神(?)と戦った神から
「あなたはもはや名をヤコブと言わず、イスラエルと言いなさい。あなたが神と人とに、力を争って勝ったからです」と言われたから。

ヤコブはイスラエル12氏族の祖先であったので、そのままユダヤ民族はイスラエルという名前を使い続けていった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

もっとちゃんと知りたい!美しい絵画でおさらい【旧約聖書】

創世記やノアの方舟、モーセの十戒などは有名だけど、旧約聖書の流れは意外と知られていない。現代の様々な政治問題や国際問題の原点とも言える旧約聖書物語、多くの図版を使ってやさしく、わかりやすく再学習!

このまとめを見る