それから4年間国政進出は絶対ありません。僕自身が国会議員に出るってことはありませんが、先ほど言いましたように、大阪のかたちを変えることについて、大都市制度についてですね、国のほうが全く言うことを聞いてくれない。こちらの、こちらに対して見向きもしてくれないとか、それから教育委員会制度についても、どうも文科省がまた押さえ込みにかかって来ましたからね。あれについてももう反論も、僕は自分なりの論理ありますからあとで質問くれば答えますけど、大都市制度とか教育委員会制度にしても生活保護行政についても、全くもう国が言うこと聞いてくれないって言うんだったら、そらもうこっちで国会議員を擁立してですね、変えていかざるを得ないと。ただその中に大阪市長として僕が、大阪市長を辞めて国会議員に出るってことはありません。

出典市長就任会見

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る