1. まとめトップ

【就活】グループワーク・グループディスカッションの注意点・対策

採用試験で行われるグループワーク・グループディスカッション。のぞむ上での注意点・対策

更新日: 2012年09月14日

punkiteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
62 お気に入り 31405 view
お気に入り追加

▼グループディスカッションでは何が見られているの?

グループディスカッションの2大要素は「対人能力」と「個人能力」

主なポイントは「協調性」「リーダーシップ」「傾聴力」と言った対人能力にある

主に基礎力の中の対人基礎力が見られる。対人基礎力の詳細は以下の3点

1.親和力(コミュニケーション力)

他者との豊かな関係を築く力。1対1のコミュニケーションに関する基本スキルである。初対面の人でも和やかな関係を作る、相手の立場に立って考える、相手の話に興味を持って聴く事ができる、相手の感情を受け止め理解できる、自分と異なる意見や価値観を尊重できる、など。組織で働く以上、これができない人は内定は取れない。取れたとしても組織の力にはなれないだろう。

2.協働力(チームワーク)

目標に向けて協力的に仕事を進める力。集団の中でのコミュニケーションに関する基本スキルである。集団の中で自分の役割を果たしつつ周囲と協力する、自らすすんで情報を周囲に伝え周囲からも有用な情報を得る、周囲の状況に気を配りタイミング良く手助けができる、など。言い換えれば「空気が読める力」。

3.統率力(リーダーシップ)

場をよみ、組織を動かす力。集団をまとめつつ、目標達成するために欠かせないスキルである。話し合いの場に積極的に参加し発言する、意見が対立しても妥協せず粘り強く主張できる、議論が活発になるように自ら働きかける、など。かなりハイレベルな力である。

▼グループワーク・グループディスカッションで気をつけること

出題意図を理解しないでディスカッションに入ると失敗する

素晴らしい答えを考えるのも大切ですが、まず、その問題が出された意図を考える。これがないまま考えても、面白い意見だけど、意図したものと全然違う。なんてことになってしまうことも。

▼自分自身の注意点・対策

論理的に簡潔に話す。

どうしてもたくさんの意見を言いたいが故に早口になったり、長々と話してしまう人が多かったり、
緊張のあまり小さい声になってしまったり、まったく笑顔のない人もいます。
ですので、この3点ができているだけで、充分評価に繋がるのです。

敬語を使うべし

意識しすぎる必要はないが、敬語の“丁寧さ”は相手に安心感を与える。敬意を払われていると感じてもらうことが出来る。ただ、使い慣れない敬語を過剰に使用すると“緊張感”というマイナス要素を場に与えてしまうので注意。

自分ひとりがしゃべっている時間が長くなり過ぎないようにすべし

グループディスカッションでは先に述べたように「個人能力」だけでなく「対人能力」も見られている。自分の「個人能力」を披露しようと努力しすぎて「対人能力」でマイナス点をつけられてもしょうがない。「個人能力」は個人面接や筆記試験、エントリーシートで遺憾なく発揮するよう心がけよう。

反対意見を言う場合は冷静になるべし。

反対意見への対処方法で「対人能力」が大きく評価される。自分と違う意見の人を“障害”と思っているか“機会”と思っているか。反対意見が出たらまず一言「なるほど」と言ってみよう。それを引き金に冷静になれることが多い。時間の制約はあるが、「意見の違いを探る」「多数決をとる」「論理的に却下する」など複数の引き出しを持って対処したい。決して「そんなわけない」「それは意味がない」などの一言で片付けないように。

的を射たアイディアを出す

的を射たアイディアを出すためには、そのテーマにおける基礎知識が必要です。
グループディスカッションの議題は、時事、業界に関する事柄、よく議論に出される普遍的な問題ですから、 これらについて、普段から問題意識を持ってよく考えておきましょう。

▼他のメンバーと協力する

発言者の顔を見てうなずく

真剣に話を聴いてくれる人がいたら、誰でも話しやすくなります。
その結果、グループ全体の雰囲気が良くなり、活発な意見が生まれます。

一人ひとりの意見をちゃんと聞こう

どんどん発言していこうとして、周りの話を遮ってしまう人を良く見ます。
グループディスカッションでは、協調性も見ますので、
相手の意見を聞かず、自分の意見だけを伝えていくのは論外です。

それた議論を元に戻す

話は脇道に逸れやすいです。
しっかりとテーマを頭の中に入れて、ワークや議論をコントロールできれば、
論理性や統率力のアピールになります。

発言回数が少ない人に発言機会を与えるべし

グループディスカッションの際、必ずと言っていいほど一人は殆ど発言しない人がいる。その人の名前を呼び「○○さんは、これについてどう思いますか?」と声をかけることができれば、“配慮する力がある”“人の発言を引き出せる”といった感じに受け取ってもらえる場合が多い。

就活関連まとめ

1





punkiteさん

動画クリエイターにして、フリーライター。そしてサッカースクール運営。役に立つか救いのあるまとめがいいよね。