1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mkmk35さん

口臭の原因に

舌掃除のタイミングは、一日で最も「舌苔」がある「朝、起きてすぐ」がベスト!夜、眠っているときは唾液の分泌が少なくなって、朝起きたときに最も舌苔がたまっていて、口臭も発しやすくなっているためです。

口臭の原因のほとんどは 「 舌の汚れ = 舌苔 」 であるといわれているにもかかわらず、自分の口臭の原因が舌苔であると意識している人は少数派といえます。

なんと、口臭の原因はほとんど舌の汚れだったのですね。

病気の原因に

夜寝ている間は口も動かさないし、中にはいびきなどで口をポカンと開いて口腔内を乾燥させてしまっている人もみえます。こうなると、口の中の雑菌は、うようよと繁殖し放題の状態になっているのです!

もし朝、このまま水を飲んだり、食べ物を食べてしまうとそのまま繁殖した雑菌たちを飲んでしまうことになります!!身体が健康な時は大丈夫でも、すこし体調をくずした時や病気の時には、この雑菌たちが簡単に体内に入り込んで悪さをするのです。

まず朝、コップ1杯の水を飲む前にうがいをする習慣をつけるようにしましょう。また、ひと摘みの塩を入れると雑菌に対してより効果的ですよ。

朝一のうがいで予防出来るのなら、習慣にしたいですね。

やり過ぎは禁物!!

ブラシ等で習慣的に舌みがきを行うと、舌表面の細胞が剥がれて浮遊し、唾液が白く濁ってにおいが強くなるのだそうです。また舌を磨くことで炎症が生じると、口腔内の温度が上昇し、唾液のにおいがこもって口臭が強くなるのだとか。

おおお…恐ろしい…

ただし付き過ぎた舌苔は口臭のもとになりますし、舌には食べかすが残りやすいので、適度な掃除は必要だと言われています。

そこで推奨されているのが、器具を使わない舌みがき。口に少し水を含んで、舌を上顎に押し付け、こすりつける感じで前後に動かします。舌の先を下に向けるように意識するのがコツだそうです。

コップ一杯で、舌磨きとうがいが出来る。

これは舌の運動にもなるので、唾液の分泌も促され一石二鳥です。

みんなで健康な口になろう!!

1