1. まとめトップ

フランスのオシャレ角砂糖屋さん「CANASUC(カナスック)」がハイパー可愛い

ティータイムやお客さんにお出しする用のかわいいお砂糖はないかなと探していたところ見つけた「CANASUC」というお店。当初日本未出店ということでまとめておりましたが…現在は国内でも入手可能!

更新日: 2013年07月12日

3306 お気に入り 587570 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cerisierさん

■「CANASUC」とは?

1992年にフランスで創設されたパストラーレ社による、シンプルでエレガントなデザインシュガー。

フランスではデパートなどでよく手に入るようですが、日本ではまだまだ入手難度が高いです。

…でも、現在国内では数カ所で入手が可能!(*´∀`)
まとめの最後の方に入手情報も掲載しています♪

まとめ人(cerisier)も、伊勢丹のフェアに行って購入して来ました。
購入したのは、引っ掛けるタイプ(小鳥)と
スティックタイプのもの。

小鳥さんタイプ。
カップのふちにぴったりはまりました。

熱々のお茶に入れると、本当にすぐ溶けてしまいました^^

こちらはスティックタイプ。
甘めが好きならすべて一杯に溶かしても
甘すぎることはないと思います。

くるくると回していると段々溶けてゆくのがわかります。

小鳥さんなど、ボックスに入っているタイプはこんな感じで収納されています。

小鳥タイプは3色(白、薄茶、茶)で
それぞれ階層別に収納されておりました。
階層の間には緩衝材も入っていましたよ。
ただ、このようにぴっちり入っていますので、
取り出す時には少々気をつけたほうが良いです。

取り出す時に失敗してしまいました。
持ち帰る際も(梱包してくださいますが)気をつけて下さい。

■砂糖がどれもこだわりを感じる可愛さ

カラフルなものは、着色料の基準の違いから
まだ日本では販売が難しいとのこと。

まるで宝石みたいにキラキラしてます。
バーがついているので、このままお茶をくるくるするだけでいいという優れもの。

バーの長さも何種類かあり、マグカップ用、ティーカップ用など、持ち手の長さが違います。

量的には、一般的な日本の角砂糖ひとり分よりは少々多い量です。

個包装されてるとキャンディみたいですね。

いろんな形のお砂糖があります。
ティータイムが更に楽しくなりそう。

ただのお砂糖に思えない!

パズルのピースに!
勿体無くてお茶に入れられなさそうです。

※パズル型はフェアでも人気の模様です!

繊細な加工がされたものも。

オーナメントになりそうですね。

※フェアでも実際オーナメント的な展示がされておりました。

チューブに入ったカラフルなお砂糖!
そのままディスプレイしていても楽しい。

こちらは少し変わった形のハートだな、と思いきや

こんな風にカップにひっかけて使います。

小鳥タイプも。乙女心をくすぐりまくりです。

写真右の三日月?タイプは…

ここにひっかけられます(笑)

お花の形!

このタイプのものは、支柱(画像中の透明の棒)が入っているので、おうちに持って帰ってこの形で飾れますね。
日本では少し湿気が心配かもしれません。

カフェなどで出すとお客さんからの問い合わせが本当に多いのだとか。

パピヨンタイプをお菓子のデコレーションに使ってます。

■ネットユーザーの感想

フランスのおしゃれなハートのシュガー。ボンマルシェで売っているそうです!パリ土産げにおすすめです。 canasuc.com

@chicaumino 蝶々のお砂糖、CANASUCていうフランスの砂糖なんですお。⇒ canasuc.com オーナメントとかあるんですよ…!がじがじ噛み砕きたいですよね!

1 2 3





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1