枕草子で有名な清少納言は股間を丸出しにして女であることを証明したことがある

出典トリビア歴史編

http://www006.upp.so-net.ne.jp/k-tomohiko/JTD_seisyou2.jpg

寛仁元年(1017年)、朝廷での勤めを引退し出家して尼になった清少納言は兄(清原致信(きよはらのむねのぶ))の家に身を寄せていた。その年の3月、兄と敵対する源頼光が暗殺者を送り込み一家を斬殺。男と勘違いされた清少納言は暗殺者達に殺されそうになったため、自ら股間を丸出しにし女であることを証明、窮地を脱した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

学校では教えてくれない日本史の面白い逸話、豆知識、都市伝説

教科書で習った歴史上の人物が、実はこんな人だった!とか、この偉人はこんなエピソードがある!とか、今すぐ友達に話したくなるような日本史の面白い豆知識、雑学、うんちくをまとめていきます。一部都市伝説を含みますので、信じるか信じないかはあなた次第です。

このまとめを見る