1. まとめトップ

【大英博物館展示の日本マンガ!】聖☆おにいさんの意外な人気!

ポケモンやワンピースなど日本のマンガやアニメは海外でも有名ですが、意外なところで意外なマンガが人気!ということで情報をまとめてみました。

更新日: 2016年11月22日

22 お気に入り 251968 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mo925730さん

聖☆おにいさん (せいんと☆おにいさん) とは

2007年から講談社の漫画雑誌『モーニング・ツー』で連載中。作者:中村光。

2009年(平成21年)、手塚治虫文化賞短編賞受賞。

2016年 実写ドラマ化も決定!

ブッダとイエスが、下界のバカンスを満喫しようと、日本の東京都立川の安アパート(風呂なし・ペット禁止)の一室で「聖」(せい)という名字で暮らすという設定で描かれる日常コメディ。

キリスト教、仏教をはじめ、世界三大宗教の神々や、オリンポス神や、ヒンドゥー教などの民族宗教など神々が会話の中などで登場しており、古典宗教が全て実在していたという世界観となっている。

各宗教・ブッダやイエスの逸話や設定は(ネタにされてはいるが)かなり正確に描写されている。

パンチパーマでヤーに誤解されるブッダ兄さんと、田舎丸出しで気の弱いイエス兄さん。2人とも悟ってはいるのですが、都会独特の世知辛くてスピードのある生活に今一付いていけなくて、チョンボばっかりしています。そんな笑いだらけのマンガがこれ!

海外からは問題視されそうなマンガですが、実は意外な人気!

【フランスでは・・・】

ただし、多少表現は変えられているようで・・・

「それに、いつもいいアイディアを出すのは君のほうじゃないか」というセリフに変えられており、イエスのことを「わがまま」とは言わなくなっています。

http://world-manga.at.webry.info/201202/article_8.html

フランス人の反応は・・・

良い意味でビックリした!いやーまさか漫画でこんなに笑うことになるとは想像もしていなかったわ

最初からぶっ飛んでたけど、凄く面白かったw ヤクザとイエス、ブッダの話とかプププww

知的なユーモアで溢れてて笑っちゃうね。宗教的な国際問題に発展させずにこんな感じで漫画を描くなんて良いなぁ。

【イギリスでは・・・】

なんとあの!大英博物館に展示されている!

大英博物館とは、ロンドンにある世界最大級の博物館。

教科書に載ってるような、ロゼッタ・ストーン、パルテノン神殿の彫刻など世界各地の重要な遺品が展示されている。

アジア地区の展示コーナーにあったのがこれだそうです!

http://blog.excite.co.jp/naoterada/14751286/

【その他の国々では・・・】

英語に一部翻訳され、紹介されているサイトもあるようです。

コンビニでジョニーデップにメッチャ似てると女の子に騒がれたイエス。

http://blog.livedoor.jp/panda_translator/archives/51812803.html

1 2