1. まとめトップ

あなたの『発想力』大丈夫!?『発想力』テスト10問!

ビジネスの場で特に重要とされる「発想力」。あなたの発想力がいまどれくらいあるのか?是非この「発想力」テスト10問で試してみてください!

更新日: 2012年09月17日

22 お気に入り 88077 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「発想力」は「論理の飛躍」から生まれる

「発想」とは不可能を可能にすること。

不可能を可能にする発想とは、「偶然」や「思いつき」などではなく、熟慮に熟慮を重ねた結果やっと生み出されるものです。

熟慮するとは、論理的に考え抜くこと。

ただし不可能を可能にするような発想は、ただの論理思考からは生まれません。論理を飛躍させる必要があるのです。

この「発想力」テスト10問に挑戦するあなた、精一杯「論理思考」を働かせてください。そして論理を飛躍させてください!

※これらの問題は、京都大学大学院情報学研究科准教授 逢沢 明さんが、自らの著書「論理力が身につく大人のクイズ」「頭がよくなる論理パズル パワーアップ編」を基に作成したものです。

それでは「発想力」テスト10問スタートです!

(答えは最後にあります)

Q1.犯人は誰だ

殺人事件の容疑者として、X氏が逮捕されました。使用されたナイフには、X氏の指紋がべったりとついていたし、X氏にはアリバイもありません。しかも彼には殺人を犯す十分な動機まであったのです。しかし、事件を担当するY刑事は、X氏が犯人ではないと確信していました。なぜでしょう。

Q2.アリとキリギリス

アリは夏中働いて、冬の間の食べ物をせっせと蓄えました。キリギリスは夏中楽しく歌って過ごしました。あなたがキリギリスだったとして、その冬をどうやって乗りきりますか。

Q3.以心伝心

ある映画館では、普通席の入場券は1300円、指定席は1800円でした。1人目のお客が、黙って2000円を出すと、窓口の女性は「普通席ですか、指定席ですか?」と尋ねました。ところが、2人目のお客が黙って2000円を出したら、「指定席ですね」と言っておつりの200円を返してよこしました。なぜ指定席とわかったのでしょう。

Q4.隣人はあなた

A~Hという経営者8人が、中華料理屋の大きな丸テーブルを囲んで食事。ところがある新聞がスッパ抜いて、大きな汚職事件に発展しました。ボスであるAの右隣が逮捕された経営者。誰なのか推理してください。
A「Gは隣にいなかった」
B「Aの右隣じゃないし、正面でもなかった」
C「Aの正面じゃない」
D「Fの正面だった」
E「Dの隣だった」
F「Aの左隣だった」
G「Dの隣じゃなかった」
H「Fの隣だった」

Q5.南向きの家

「この家は北向きだからねえ」
窓の日当たりが悪いとお母さんがため息をつきました。するといたずらっ子のサトシくん、
「四方がみんな南向きの窓の家だって建てられるよ」
「え、ホント?」
さて、どうしたらいいでしょう。

Q6.横一線

自動車レースに参加したマサヒコくん、1時間に7周しか回れません。ところが、シンノスケは1時間に8周、ジョンは1時間に9周です。幸い、テツオが1時間に6周ペースなので、最下位だけはまぬがれそう。では、スタートしてから、また4人がピッタリ横並びになるのは、何時間後のことでしょう。

Q7.離婚できる?

誰よりも論理的な弁護士、ノザキ氏のところへ、中年男が訪ねてきました。
「私たち夫婦は、何事も意見が食い違い、年中ケンカばかりしています」
「それはお気の毒ですね」
「ついては、離婚したいと思うのですが、いかがでしょうか」
「それは不可能ですね」
ノザキ氏はなぜ、冷たく言い放ったのでしょうか。

Q8.ウソつきは何人?

政治家が100人います。彼らは「正直」か「ウソつき」のどちらかです。そして、(1)少なくとも1人は正直、誰でもいいから2人選ぶと、(2)少なくとも1人はウソつき。では、正直が何人で、ウソつきが何人?

Q9.脚の長さと数学力

ある統計学者が、町の住民6000人の全員に対して、数学の試験を行いました。それと同時に住民の脚の長さを測定しました。その結果、数学の能力と、脚の長さとの間には、強い相関があることがわかりました。コレはいったいどういうことなのでしょうか。

Q10.うまい分担は

3人の男性が、同時に理髪店を訪れました。大至急、調髪とヒゲ剃りをやってくれ、と要求します。しかし店には理容師が2人しかいなくて、調髪に1人あたり15分、ヒゲ剃りに1人あたり5分かかります。さあ、全部で何分かければ終わるでしょうか。

参考リンク

それでは答え合わせ!

問1 : Y刑事が真犯人だから。刑事という設定は目くらまし。推理小説を読んでいると、この手の発想に慣れてくる。

問2 : コンサートを開き、ためこんだ食べ物をアリたちに持ってきてもらう。竹内靖雄『イソップ寓話の経済倫理学』より。

問3 : 1000円札1枚と500円玉2個で払ったから。500円玉1個なら普通席だが、それより多いので指定席とわかる。

問4 : C。まずFの席が決まり、次にDとHが決まり、……と、以下すべて埋まる。

問5 : 北極点に建てる。北極点から見たら、360度すべての方向が真南になる。

問6: 4人とも1時間にちょうど何周かずつ回るので、1時間後。最小公倍数なんか計算する必要はない。

問7: 何事も意見が食い違うのなら、妻は離婚に反対するはずだから。

問8 : 正直が1人、ウソつきが99人。もし正直な政治家が2人いたら、その2人を組み合わせたときに与えられた条件と合致しない。

問9 : 「町の全員」には、赤ん坊や子供も入っているから。統計データはしばしばウソをつくという一例。

問10 : 30分で終わる。順番に職人Aは客1、客2のヘアカット、職人Bは客2のヒゲ、客3のヘアカットとヒゲ、客Aのヒゲを並行して担当すればよい。

引用:http://president.jp/articles/-/3252?page=4

1